音楽プロデューサーのつんく♂は13日に自身のツイッターを更新。11日に胆管腫瘍のため亡くなった任天堂社長の岩田聡さんへの哀悼のメッセージを綴った。大ヒットゲーム『リズム天国』シリーズで親交を温めた岩田さんの訃報に直面し、「寂しいです。残念です」などとしたため、悲嘆に暮れる様子をコメントしている。

 つんく♂は「任天堂、岩田社長。生前は大変お世話になりました」と書き出し、岩田さんから生前に受けた厚意に対し、率直な感謝をしたためた。

 そして、「お互い元気になって、お会いしてまたゲーム談義が出来るものと思っておりました」とし、声帯を摘出した自身の境遇も踏まえながら、再び親交を温められる日を待ちわびていた心境を綴った。

 その上で、「クリエイターの先輩としても見習う所ばかりでした」と変わらずリスペクトする心境を綴り、「寂しいです。残念です。謹んで哀悼の意を表します」と岩田さんの冥福を祈っている。

 つんく♂は以前、“音ゲー”のさらなる向上を求め、自ら任天堂に企画書を送ったことで知られる。岩田さんはつんく♂の着眼点や熱意に敬服し、大ヒットゲーム『リズム天国』シリーズが誕生した。

 また、今年6月11日に発売されたシリーズ総集編となる『リズム天国 ザ・ベスト+』に収録されている楽曲「I’m a lady now」をつんく♂の長女と思われる歌手が「Hotzmic(ホツミック)」名義で歌唱していることでも話題となっている。

記事タグ