EXILEの松本利夫(MATSU)とUSA、MAKIDAIの3人が年内で同グループのパフォーマーを卒業することが22日、分かった。公式サイトには連名による報告と、3人それぞれのコメントを掲載。松本は役者、USAはダンス、MAKIDAIはDJの道に歩んでいくことを報告している。

 3人はHIROとともに前身の「J Soul Brothers」から活動。その後、EXILEへと改名し、パフォーマーとしてグループの活躍の原動力。いわば功労者。連名で綴られた公式サイトの報告文でも「今まで僕らの人生は、ずっと未開の地を開拓する人生でした。それは、まさにEXILEの名のとおり、放浪の旅でもありました」と振り返り、そして今、EXILEとしてのひとつの活動を終え、新たな旅へ出るときがきました」と報告。

 更に、「EXILEの未来は、新たな地平の先にある。だから今、新たな地平の先をめざす、開拓の旅へ出ます。EXILEであるかぎり、現状に満足し、歩みを止めることはありません」として「これは、卒業でも引退でもなく、新たな挑戦です。いつまでも、『僕たちはEXILEだ』という誇りを持って」と宣言した。

 公式サイトには個々のコメントも掲載。

 松本は「一つ目はEXILEのパフォーマーとしては、EXILEのステージに立つのは今年が最後になるということです。このことはEXILEを引退するわけでも、卒業するわけでもありません。EXILEのステージに立つこと以外に、EXILEとしてやるべきことができたということです」とファンに説明。

 続けて「これは僕のEXILEとしての新たな挑戦のはじまりなのです。EXILEがさらに未来に向けて進化していくために、EXILEの新たな活動領域を開拓していきたいと考えています。その開拓のテーマは、舞台というエンタテインメントの可能性です。EXILE TRIBEの中に劇団EXILEは存在していますが、EXILE TRIBEにおける、劇団EXILEとは何かを改めて問い直したい、EXILEとして、『演じる』ことの意味を突き詰めたいと思っています」「その実現のために、自分が人生をかけてやる決意の証しとして、劇団EXILE『松組』を立ち上げさせていただきます」と役者の道を歩んでいくことを伝えた。

 USAも松本と同じく「EXILEをやめるわけでも、踊ることをやめるわけでもありません」と前置き。「EXILEのテーマである、Love, Dream, Happinessをもっと伝えるために、ダンスが持つ可能性をDANCE EARTHの活動を通じて世界中の人たちに発信していきたいと考えています。そしてその活動の中心になるのが、DANCE EARTH PARTYです。EXILEとはまた違った世界の音楽を取り入れながら、いろんなアーティストとパーティーを組んで新しいエンタテインメントを創ろうとしています」「DANCE EARTHというエンタテインメント・プロジェクトを通じて、自分が愛するダンスの素晴らしさを伝えていきたい。EXILEとしてダンスの可能性に挑戦していくことがEXILEの可能性をさらに広げるはずだと信じています」と今後の歩む道を示した。

 MAKIDAIは「音楽とダンスを楽しむ場としてEXILEの原点は、ストリートであり、クラブでした。でも、クラブに行っても行かなくても、もっとたくさんの人に、その楽しさを伝えたい。音楽の楽しさ、ダンスの楽しさに触れていただきたい。音楽を聴いて楽しんで、踊るという、僕らの原点を伝えていきたいと考えています」と自身の心境をしたため、「自分に最も適している役割、これからの自分が最も力を発揮でき、EXILEをもっと盛り上げることができる…その答えが『DJ』というポジションでした。今のEXILE、EXILE TRIBEにとってもDJという役割が必要だと思ったのです。そしてその中心となる活動の場がPKCZになります」「今のEXILEがさらに進化していくために、EXILEとして新たなエンタテインメントの領域を開拓していきたい。そのためにDJとして、PKCZを中心によりクリエイティブな活動に集中していきます」「DJとしてプレーヤーだけではなく、MIXして新しい価値を創り出すというエンタテインメントのトータルプロデュースを行っていきたいと思います」とDJの道を進むことを報告した。

記事タグ