写真»TPD初のトップ3入り

「DREAMIN’」で初のトップ3入りした東京パフォーマンスドール(TPD)

 9人組ダンス&ボーカルグループの東京パフォーマンスドール(TPD)が10日発売した3枚目シングル『DREAMIN’』が発売初週に3万7000枚を売り上げ、22日付オリコン週間シングルランキングで初登場3位にランクインした。

 2014年6月発売のデビューシングル『BRAND NEW STORY』では初登場8位を記録。同年11月発売の2枚目シングル『DREAM TRIGGER』では発売初週で3万3000枚を売り上げ、初登場4位を記録していた。結成当初から歌い続けてきた楽曲で、前作を枚数、順位ともに上回り、自身初のトップ3入りを果たした。

 リーダーの高嶋菜七(18)は「オリコン週間ランキング初登場3位という、今までのシングルの中で最高位を頂くことができました。応援してくださった皆様、本当にありがとうございました!!」と前置きして、以下の通りに感謝の言葉を伝えた。

 「この曲はCDデビュー前の結成当初から歌い続けている楽曲で、私たちメンバーにとって、とても大切な曲です。私たちの成長日記のようでもあり、なにより応援してくださっているファンのみなさんにとっては私たちの成長と一緒に育てて下さった楽曲だと思います。そんなたくさんの想いが詰まったこの曲で、過去最高位の順位をいただけたこと、本当に嬉しく思っています。これからもみなさんに恩返しができるように日々頑張っていきたいです! 本当にありがとうございました」

 TPDは、篠原涼子や穴井夕子などがかつて所属していた「東京パフォーマンスドール」の名を冠して2013年に結成、2014年6月にメジャーデビューした。先日、都内で行われたメジャーデビュー1周年記念イベントでも「DREAMIN’」を熱演。多くの観覧者から大歓声を受けていた。

 また、このイベントでは、初代TPDリーダーの木原さとみ(43)が祝福に駆け付けた。彼女たちのパフォーマンスを見て「デビュー当初も完成度は高かったけど、更に磨かれて、自信に満ち溢れているように見える」と称し、「DREAMIN’」とともに成長している後輩の姿に感銘を受けていた。

この記事の写真
写真»TPD初のトップ3入り

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)