写真»入山杏奈が選挙見守る

不思議な気持ちで選挙を見守った入山杏奈と川栄李奈のツーショット写真(出典・入山杏奈のツイッター

 [AKB48総選挙開票、6日、福岡]AKB48入山杏奈(19)が6日に自身のツイッターを更新し、卒業を発表している川栄李奈(20)との2ショット写真を公開。2人は同日開催されたAKB48選抜総選挙に立候補せず、メンバーやファンの大切なイベントを見守っていた。

 【読者アンケート】指原莉乃の女王返り咲きは予想できた?

 入山は「自分の出ない総選挙はすごく不思議な気持ちで迎えましたが」と書き出し、「メンバーの気持ちとファンのみなさんの気持ちとの両方を考えてドキドキしてました。笑」と綴り、外から見る総選挙に心を震わせていた気持ちをコメントした。

 そして、「これからもメンバーを支えてあげてください。メンバーもファンのみなさんもおつかれさまでした」とし、メンバーやファンに労いの言葉を寄せている。

 10位にランクインした次期総監督に就任することが決まっているAKB48横山由依は、壇上のスピーチで速報20位という結果を受けて悲嘆にくれているなか、入山、川栄から連絡が来たことを明かしている。2人が横山に対して、ファンは「まだ入れていないから大丈夫」と激励したという逸話を紹介していた。

 入山と川栄は2014年5月に岩手県で行われた握手会で暴漢に襲われて負傷。川栄は今年3月に開催されたAKB48単独コンサートで「私は握手会に出られない」などと語って卒業を発表し、今回の総選挙を辞退。さらに入山も立候補していなかった。ただ、面倒見の良い横山が、常に2人をサポートしてきたことは想像に難くなく、2人は逆に横山の力になろうとしたと推察される。

 この入山のツイートにファンは「ゆいはんのスピーチで泣いた…」「ゆいはんに連絡してたんですね」「由依ちゃんのスピーチ聞いて、あんにんもりっちゃんもより一層好きになったよ」「ゆいはんを支えて頂き、本当に有り難う」などと感謝のコメントを寄せた。

 また、川栄との2ショット写真には「あんりな!」「神々しい二人」「貴重なツーショット」などと歓喜の声を挙げている。

記事タグ