[AKB48総選挙開票、6日、福岡]AKB48の島崎遥香(21)が7万3803票を集め9位で選抜入りを果たした。ただ、昨年7位から2ランクダウン。悔し涙で言葉を詰まらせながらも、次期総監督の横山由依とともに「AKB48の第二章を作り上げ行きたい」との覚悟を語った。島崎はしばらくの沈黙のあと以下の通りに語った。

 【読者アンケート】指原莉乃の女王返り咲きは予想できた?

 「沢山の人から好かれるタイプじゃないけど、世間の人からも態度が悪いとか、悪く思われがちになることも多いけど、でも、こうやって沢山の票を頂けて私の事を応援しよう、したいと思ってくれる人がいることを今感じられて、有難いなと、こんなに握手会もできてなくて、アイドルに向いていない私をここまで、この順位まで…」

 「あげてくれている私のファンの皆さんに感謝したいです」

 「だから私の事を応援してくれる皆さんにこれから沢山恩返ししたいと思っているし、私は今年、このままじゃダメなんだと思っていて、先輩の力を借りつつも、同期である次期総監督の横山由依とともに後輩を引き連れて、AKBの第2章を作りたいという目標を自分のなかで決めていました」

 「去年より順位がさがってしまったからこんなことを言うのはどうかとおもいますけど、AKB48ファンの皆さん、私世代に力を貸してください」

 「もっと、もっと、私たちが前に進めるようにこれからどうかよろしくお願いします。去年よりかは長いスピーチが出来たと思うのでここら辺で終わりにしようと思います」

■島崎遥香の過去選抜総選挙結果

2009年…加入前
2010年…28位
2011年…圏外
2012年…23位
2013年…12位
2014年…7位

記事タグ