[AKB48総選挙]速報3位と出遅れた昨年の女王、渡辺麻友(21)が6日未明に投稿したツイッターで言葉短く心境を綴った。

 渡辺は総選挙の投票が始まった先月19日、ツイッターで「目標は、史上初の2連覇!!! AKBの新しい伝説を作りたいです!」と選抜総選挙史上初の連覇に意気込みを綴っていたが、その翌日に発表された速報結果ではまさかの3位。同日のツイッターでは「ここから更に勢いをつけて、目指せ2連覇!!! 戦いはまだ始まったばかり。皆さん、一緒に頂点へ行きましょう!」と気丈に振る舞っていた。

 総選挙開票日である6日未明にツイートしたものは言葉少なく「こんばんは〜明日が来るのが怖いな〜怖いから寝よう〜おやすみなさい」。「怖い」という言葉から不安をのぞかせた。

 一方、速報1位の指原は5日、福岡市内で行われた臨時バスお披露目会で「たくさんの方が時間を割いて投票してくださっていますし、できれば一位が良いですけど、一位じゃなくても、その気持ちに感謝します」とコメント。更にツイッターでは「どっしり構えて明日を待ちましょう」と綴っている。

 お披露目会に同席した、速報2位の柏木由紀も「あらためてファンの方へのありがたみを実感したので、感謝の気持ちを壇上でのスピーチやライブでお返しができたらいいなって思います」とコメント。同日のツイッターでは「ドキドキワクワク。楽しみにしながら明日の結果を待ちたいと思います!!  みなさん本当にありがとう」と心境を綴っている。

記事タグ