写真»AKB総選挙臨時バス運行へ[1]

総選挙仕様の臨時バスを前に撮影に応じる柏木由紀や指原莉乃たち

 [AKB48総選挙]41枚シングルを歌唱するメンバーを決める第7回AKB48選抜総選挙の開票日である6日、開催地である福岡県では、博多や天神と総選挙会場である福岡ヤフオク!ドームを結ぶ特別仕様の臨時バス(西日本鉄道)が走る予定だ。

 この臨時バスは、行き先案内LEDを「AKB48総選挙」バージョンにしたもので、停車駅を知らせる車体側面の電光掲示板には、2012年からの歴代女王を「大島優子→指原莉乃→渡辺麻友→????」と案内。車体前方の行き先電光掲示板には、福岡弁で「みんなは誰が好いというと?ヤフオクドーム行き」と表示する。

 5日に福岡で行われた臨時バスのお披露目会には、地元開催で女王返り咲きを狙う指原莉乃を初めとするHKT48メンバー(穴井千尋・植木南央・多田愛佳・神志那結衣・兒玉遥・田島芽瑠・朝長美桜・松岡菜摘・宮脇咲良・村重杏奈・本村碧唯・森保まどか)や、速報2位のAKB48柏木由紀が出席。

 指原は「HKT48メンバーとしてすごく嬉しく思います。地元の方に少しでも愛されればなといつも思っているので、こうやって愛されている『しるし』というか、ちょっと自意識過剰かもしれないですけど、すごく嬉しいです」とコメントした。

 また、ここ数年急速に人気を集め、今回の総選挙で「神7」入りが期待されている宮脇は「今年の総選挙の目標は『神7』なので、その目標を達成できたらいいなと思うし、HKT48の本拠地である福岡で開催なので、より多くのHKT48のメンバーがランクインしたら嬉しいなと思います」と期待感を示した。

 女王の座に近いとも言われている柏木由紀は「今年は自分で1位になりたいって言って、自分的にも何か(できないかと)と思って、自分でAKB48モバイルサイトに登録して、投票してみたんですけど、めっちゃ投票するのが大変なんです。あらためてファンの方へのありがたみを実感したので、感謝の気持ちを壇上でのスピーチやライブでお返しができたらいいなって思います」と語った。

記事タグ