今秋での卒業を発表しているハロプロのアイドルグループ「アンジュルム」の福田花音(20)が26日未明に自身のブログを更新し、「わたしは誰もやってないことにどんどんチャレンジしていきたい」などと綴り、卒業後は“作詞家”を目指す意向を表明した。ファンからは「素敵だな」「その夢すごく嬉しい」「納得行くまでやろうぜ」などと続々とエールが届いている。

 20日のブログで、今秋限りでアンジュルムならびにハロー!プロジェクトを卒業することを発表していた福田。卒業後についてはまだ明かされていなかったが、この日、「わたしは作詞家を目指します!」と題したブログを更新した。

 “まろ”の愛称でファンから愛される福田は新メンバーが加入し、成長できたと感じた時が自身の卒業のタイミングだったなどと書き出した。そして、「私の卒業に関して会社の方々に相談する中で、昨年末今まで書いてきた私の文章を読んでくださった方から、文章を書くことに向いているから作詞にチャレンジしてみないか?というお話をいただきました」とし、きっかけが生まれたことを明かした。

 ただ、文章を書くことに楽しさは感じつつも、未知の世界であり、ハロプロを卒業後に作詞を生業にしたOGがいないことを指摘。その上で、「わたしは誰もやってないことにどんどんチャレンジしていきたいと思っていたので、そのお話をいただいたことが素直に嬉しく、挑戦してみたいと思いました」と前向きに意識し始めたことを綴った。

 最近は作詞の勉強を本格的にスタートさせ、そこに楽しさを抱き、自信を持ち始めてきたことを説明。卒業後は大学に復学し、作詞との勉強を両立させながら、「『作詞家』としての第二のデビューを目指したいと思っています。いつか自分の書いた詞を歌ってもらうのがわたしの新たな夢です」と綴り、卒業後の目標が明確となったことを報告している。

 この福田の新たな夢の表明にファンは「応援するよ」「頑張れ!」「花音の決意に泣けてきた」「その夢すごく嬉しい」「独特の世界観とても好き」などとエールを送り、「まろならつんくの世界観を継げるよ」「まろが書いてアンジュルムが歌うとか考えただけで胸アツな」などとハロプロの作詞家として期待感が高まる様子をコメントしている。

 福田は今日26日、日本武道館で開催されるアンジュルムのライブに出演する。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)