写真・マット・キャブがSWAY迎え新曲映像

「Call Your Name feat. SWAY」

 米国サンフランシスコ出身で、日本在住のシンガーソングライターのマット・キャブが、ニューシングル『Call Your Name feat. SWAY』を20日に配信リリースする。新曲のゲストとして参加した劇団EXILEのメンバーであるSWAYとのメイキング映像がこのほど公開された。

 マット・キャブはその透き通った歌声が好評で、2010年には1stアルバム『The One』を発表。また、アーティスト活動の他に、ソングライター・プロデュ―サーとしての活動も積極的に行っており、w-inds. MIHIRO(F.O.H.)等、数多くのアーティストに作品を提供している。iTunes R&B/ソウル アルバム・チャートで過去3作連続1位を記録した。

 そして今回、ゲストに迎えたのは、ヒップホップユニットのDOBERMAN INFINITYでラップを担当し、劇団EXILEのメンバーでもあるSWAY。本名の野替愁平として現在放送中の日本テレビ系ドラマ『ワイルド・ヒーローズ」にも出演中。

 今回公開された映像では、マットとSWAYが真剣な表情でレコーディングに取り組むシーンや、互いにアイデアを出しながら作品を作り上げていくシーンなど、普段なかなか見ることができない二人の表情を見ることが出来る。

 前作のバラードシングル『Come Back」とは異なり「Call Your Name feat. SWAY」はダンス・ミュージックの要素を大胆に取り入れ、イノセント・ラヴ(純粋な恋愛)について歌ったアップテンポなラヴソング。

 過去2シングルを手掛けたJ-Hypeと、w-inds.への楽曲提供でも知られるRYUJAが作曲を担当し安室奈美恵やE-girlsなど、数多くのアーティストへ歌詞提供をした経験を持つ岡嶋かな多が作詞を手掛けている。

 マットとSWAYは2012年に同じイベントへの出演がきっかけで知り合い、昨年夏に行われた「a-nation island powered by inゼリー ~VERBAL Presents OTO_MATSURI 2014 × m-flo TOUR “FUTURE IS WOW”」にて再会。「今度一緒に曲をやろう」と話していたところ、今回完成したトラックをマットが聴き、「この曲はどうしてもSWAYに参加してほしい」とオファーをし今回のコラボレーションが実現した。

 SWAYとのレコーディングについてマットは以下のように語っている。

ーー彼は、見た目はクールなのに性格は本当に面白くて、よくジョークを言って場を和ませてくれたよ。でも、制作に関してはとても真剣で、同じ価値観を共有しながら進めることが出来たから、想像以上に良い作品が完成したんだ。彼はいつも良いエナジーに満ち溢れているし、例え日本語でラップしていても英語のフローにぴったり合うようなラップ・スキルを持っている。今回のコラボは、今までとは違うバイブスで良いケミストリーが生まれたことを、本当に嬉しく思っているよ。ーー

 2年ぶりにリリースする待望のニューアルバム『春夏秋冬』に向けてのニューシングル「Call Your Name feat. SWAY」は20日からiTunesストアなどで配信予定。

記事タグ