コバソロが語る“YouTube上の音楽”シーンの今
INTERVIEW

コバソロが語る“YouTube上の音楽”シーンの今


記者:小池直也

撮影:写真・コバソロにインタビュー(1)

掲載:15年05月13日

読了時間:約6分

写真・コバソロにインタビュー(1)

YouTube SpaceでMV撮影を行ったシンガーソングライターのコバソロ

 時代劇を盛り上げるためYouTubeと東映が連携し、国内のYouTubeクリエイターを支援するプログラム「YouTube Space 時代劇 with 東映太秦映画村」をスタートさせた。

 これは、YouTubeが運営する動画クリエイター向け撮影スタジオ「YouTube Space Tokyo」(東京・六本木)において、時代劇の撮影が出来る特別セットを無料で公開し、新たな形の時代劇や作品作りに役立てるプロジェクト。

 YouTube上で人気を集めるはじめしゃちょー、そして、シンガーソングライターのコバソロたちが参加している。4月28日にはコバソロが、このスペースを利用してミュージックビデオ(MV)の撮影を行った。

 ミュージックヴォイスではその模様を取材するとともに、コバソロにMVの構想や、今“YouTube上の音楽”シーンで起きていることなどを聞いた。  【取材・小池直也】

この記事の写真
写真・コバソロにインタビュー(1)
写真・コバソロにインタビュー(2)
写真・コバソロにインタビュー(3)
写真・コバソロにインタビュー(4)

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)

関連する記事