湘南乃風のRED RICE(39)と女優の武田久美子(46)が、12日放送の日本テレビ系『踊る!さんま御殿!!』(毎週火曜よる7時56分)で“先端恐怖症”であることを明かした。

 この日の番組では「わかりあえない男と女が大激突SP」と題し、男性と女性が互いに理解できない異性の価値観について意見を交わした。

 映画『Zアイランド』で共演する哀川翔とともに番組に初出演したRED RICEは、不快感を感じる異性の行動として「指をさして決めつける」とあげると、武田久美子も「指をさす人、本当に嫌い」と同調。武田は更に踏み込んで、先端恐怖症であることを告白した。これにRED RICEも「俺も先端恐怖症」と続いた。

 武田はその理由を「目の前の位置に尖っているものがくると怖くてめまいがしちゃう」と述べると、RED RICEも「カフェとかでフォークや箸とかが視界に入ると“あ、やばい”みたいになる」と明かした。

 先端恐怖症は、精神的動揺を受ける恐怖症の一種とも言われ、針や鉛筆、はさみなど先端が尖った物が視界に入った時に恐怖心が起こり、一時的に開けられなくなることもあるようだ。

 このほかRED RICEは、強面だがサングラスを外した目が可愛いと女性ゲスト陣から突っ込まれる場面も。更に、意外にも夫人から厳しい食事制限を強いられるなど、尻に敷かれている一面ものぞかせた。

記事タグ