全国ツアー東京公演を行った愛媛のご当地アイドル「ひめキュンフルーツ缶」(撮影・菊池茂夫)

全国ツアー東京公演を行った愛媛のご当地アイドル「ひめキュンフルーツ缶」(撮影・菊池茂夫)

 愛媛のご当地アイドル「ひめキュンフルーツ缶」(略・ひめキュン)が10日、東京・代官山UNITで、1月から全国を回っているツアー『HimeKyun ”DENGEKI” Tour 2015』の東京公演を行った。東京での単独公演は昨年9月開催のO-EAST公演以来となる。

 SEから会場が熱気に包まれる中、1曲目の「それ冗談、これ本気!」(昨年12月24日発売のアルバム「電撃プリンセス」収録曲)から大盛り上がりでスタートした。続くメジャーデビュー曲「アンダンテ」では、メンバーの動きと合わせてコールをしたりジャンプしたり動き回ったりと各々が体全体で楽しさを爆発させていた。

 この日が「母の日」だったこともあり、メンバーがそれぞれ母親との思い出や印象などを語る場面もあった。

 バリイとのコラボ曲「恋のBRKN!!」のひめキュンver.や、菊原結里亜がソロでダンスがないバラード曲「君からの魔法」なども披露した。

 終盤には、「ちょっと疲れていませんか~」とファンを煽り、タオルを振り回しての「恋が止まらない」を披露、会場が一体となっていた。最後まで全力で踊り笑顔が多く見られた多幸感あふれる現場となったライブも終了。

 ツアーは残り3カ所。日に日に成長している彼女たち。松山での最終公演でどのような姿をみせてくれるのか、期待が集まる。なお、今回のツアーの特設サイトでは、セットリストやメンバーの裏側が見れる動画などが掲載されている。

 ひめキュンは、6月からNHK「みんなのうた」を片岡鶴太郎と一緒に歌うことも決まっている。
『FOUR DIMENSIONS』MV

記事タグ