俳優の窪塚洋介が7日に36歳の誕生日を迎え、レゲエDJ「卍 LINE」名義で開設しているツイッターを更新。自身が出演するハリウッド映画『Silence(原題)』のマーティン・スコセッシ監督や恋人のPINKY、そしてファンらへの感謝の気持ちを綴った。ただ、その数時間前には「製作サイドの意向でブログ記事削除しました」とのツイートも見られ、映画に関する文面を消したことを報告している。

 窪塚は「みんなからの心のこもったお祝いも、PINKYからの欲しかった本達もキスも、マーティンからの『Wonderful Actor.He is amazing.』も、息子達との夜飯パーティーも、最っ高のプレゼント」と、ファンや恋人でダンサーのPINKY、マーティン・スコセッシ監督らへの感謝の気持ちを綴り、「芸能生活20周年、歳男、感無量♪♪♪ ~感謝~」と充実した心境を伝えている。

 さきごろ、米映画界の巨匠マーティン・スコセッシ監督がメガホンを取るハリウッド映画『Silence(原題)』に出演することが発表された窪塚。4日のツイッターでは、「光栄にもキチジローという大役授かりまして、役者冥利に尽きまくる日々を過ごしてます」と撮影のため台湾にいることを綴っていた。

 ただ、7日の感謝のツイートを更新する数時間前に、映画に関する文面をしたためたと見られるブログ記事を削除したことを報告している。

 窪塚は「製作サイドの意向でブログ記事削除しますた。m(_ _)m 積もる話を色々話せるのはもう少し先になります。あしからず」(原文のママ)と綴り、ハリウッド映画への初出演や、巨匠の作品出演が叶ったことに少々の勇み足をしてしまった模様だ。

 削除前にブログを読んだというファンのコメントを読むと、「最後の『アンチの人にも感謝』って言葉、マジ響きました」と綴られており、作品出演に対する自身の心境などが率直に語られていたと見られる。

 ファンからの窪塚の誕生日を祝福するリプライは相次ぎ、恋人のPINKYも自身のツイッターを更新し、「Happy birthday to my dearest darling」と祝意を届けている。

 映画『Silence(原題)』は、遠藤周作の著作「沈黙」をハリウッドで映画化する注目作。メガホンを『タクシー・ドライバー』『ディパーテッド』などで知られるマーティン・スコセッシ監督が取り、窪塚はストーリーに重要な役割を果たすキチジロー役で出演する。

ま た窪塚は、俳優業の他、「卍LINE」名義でレゲエDJとして活動し、「空水」名義でミュージック・ビデオを制作するなど音楽への造詣も深い。

記事タグ