今年活動の節目を迎えるミュージシャンが実に多い。昨年はTHE ALFEEの40周年、TM NETWORKの30周年、GLAYの20周年などがあった。今年も布施明の50周年や山下達郎と中島みゆきの40周年など華やかだ。記念年を迎えたミュージシャンを並べるだけで音楽シーンの移り変わりが見えてくる。

 例えば山下達郎は日本における現代ポップの源流の一つとも言われるシティポップに名を連ね、制作面ではガレージスタジオの草分け的存在とも知られ、更には「クリスマス・イブ」に代表される名曲も数々と生み出した。誕生から数十年経った楽曲は今も色褪せていない。そして、その5年後には松田聖子に代表されるアイドル歌手が登場する。

 更にその5年後にはロック界の繁栄を象徴するようにTHE BLUE HEARTSやSHOW-YAが産声を上げた。このように名前を連ねることだけでも時代の変遷が映し出される。そこで周年を迎えた、或いは迎えるミュージシャンやバンドの一部を以下に紹介して時代の移り変わりを見ていきたい。

50周年を迎えた布施明

[写真]50周年を迎えた布施明

布施明の50周年記念セルフカバー「プレミアムセレクション~思いの丈 すべて込め~」

 まずは、50周年を迎えた布施明(67)だ。言わずと知れた超が着くほどの大御所だ。「シクラメンのかほり」などのヒット曲で知られ、若い世代にはモノマネ番組で知ったという人も多いだろう。伸びやかで気品のある歌声が特徴で紅白歌合戦には25回出場し勇退した。

 今年3月25日には記念アルバム『プレミアムセレクション~思いの丈 すべて込め~』を発売、前記の「シクラメンかほり」などをセルフカバー。哀愁漂う美しい歌声を披露している。この年は美川憲一(68)や千昌夫(68)もデビューしている。森進一(67)は翌年に歌手デビュー。

山下達郎や中島みゆきの偉才

 40周年を迎えるのは山下達郎(62)と中島みゆき(63)たちだ。誰もが知っている大御所。山下は昨年発売した「クリスマス・イブ」が29年連続TOP100チャートランクインという偉業を達成。そして、ニューアルバム『SONGS -40th Anniversary Edition-』が7月8日に発売予定。

 中島もその時代を映し出す音楽性は多くの人の心をつかんでいまもなお人気だ。今秋に東京と大阪でコンサートを開催予定だ。この2人に共通するのは個性の2文字だ。現代ポップの草分け的な存在であり、また唯一無二でもあるということが長くトップに君臨し続けられ る要因のひとつである。

 テレビ、ラジオから流れてくる声を聴いただけで、すぐにわかるこの個性は最強の武器だ。そして、2人ともソングライターとしても超一流ということを忘れてはならない。

アイドル歌手時代の幕開け

 35周年には松田聖子(53)や山下久美子(56)、佐野元春(59)たち。バンドではハウンド・ドッグやラッツ&スターの前身のシャネルズなど。前者3人の名を見て思い浮かべるのは、アイドル歌手時代の到来と、バンド出身者ではない純粋なソロロック歌手の登場だ。

 アイドル時代の幕開けを象徴するようにこの年は河合奈保子や田原俊彦、近藤真彦もデビュー。翌年には松本伊代や薬師丸ひろ子、更にその翌年は、松本伊代、シブがき隊、小泉今日子 、中森明菜、堀ちえみ、早見優、石川秀美がデビューした。

 また、今は亡き村下孝蔵さんもこの年に活動を始めた。

 今年の動向をみると松田は6月10日にニューアルバム『Bibbidi-Bobbidi-Boo」を発売、山下は先月29日に行われたSHOW-YA主催のイベント『NAONのYAON2015』に出演したのも記憶に新しい。7月には東京丸ノ内COTTON CLUBでスペシャルライブを行う予定だ。佐野は35周年記念として3カ月連続で新曲を発表する。現在第2弾となる「境界線」をリリースし たばかりだ。

バンドブームの到来

[写真]結成30周年ブルーハーツの人気を読み解く

結成30周年。今も変わらない人気のブルーハーツ。30周年記念盤には「メルダック盤」と「ワーナー盤」の2枚組

 30周年を迎えるアーティストには、夏の定番TUBEや女性ハードロックバンドのカリスマSHOW-YA、メタル界の女王浜田麻里(52)、渡辺美里(48)、今井美樹(52)などがいる。米米CLUBやおニャン子クラブなどもこの年代に登場してきた。

 LOUDNESSがレコード大賞優秀アルバム賞を受賞するなどメタルバンドの人気があり、ここからロックバンドブームが到来した年と言っても過言ではない。この年には甲本ヒロトと真島昌利がTHE BLUE HEARTSを結成し、翌年には奥田民生率いるUNICORNも結成されるなど85年を境に今の音楽業界に足跡を残したバンドが数多く出てきた。

 今年は、TUBEが、作詞作曲にB’zのTAKAMATSUMOTO(54)やGLAYのTAKURO(43)など、豪華ゲストを招いた2枚組アルバム『Your TUBE + My TUBE』を発売する。毎年恒例の夏の野外スタジアムライブも決定し、横浜スタジアム、阪神甲子園球場で行われる。この横浜と甲子園は連続25回公演を迎えるというのだから驚きだ。

 SHOW-YAも30周年記念リリース第2弾として5月27日にカバーアルバム『Glamorous Show II』を発売予定。浜田麻里も30周年記念バンドスコアの発売や『30th Anniversary Mari Hamada Live Tour -Special-』と題したDVD&Blu-rayを発売。今年は『LOUD PARK 2015』に出演する。

 渡辺美里は4月に19枚目のアルバム『オーディナリー・ライフ』を発売し、さらに5月2日・5日には『30th Anniversary「春の美里祭り 30th Revolution」』と題したライブも行う。今井もニューアルバム『Colour』を5月20日にリリースし『今井美樹 30th Anniversary CONCERT TOUR 2015 “Colour”』を10月から行う予定だ。

音楽の多様性

[写真]福山雅治の初カバーアルバム初登場首位

初の弾き語りカバーアルバム『魂リク』で初登場1位を獲得した福山雅治

 25周年には福山雅治(46)や沖縄出身のBIGIN、さらに槇原敬之(45)。この頃からコンピューターと生演奏、そしてラップなど多ジャンルとの融合が多くみられるようなり音楽としての幅が広がった。80年代の音楽性を継承しつつも、更にメロディやアレンジをブラッシュアップしてきた。そしてBIGINをはじめ、たまやFLYNG KIDSなどTBS系列『三宅裕司のいかすバンド天国』通称“イカ天”から出てきたバンドが活躍した。

 今年は、福山が弾き語りカバーアルバム「魂リク」を4月8日に発売したばかり。6月24日には同アルバムのアナログ盤も発 売される。1990年のデビュー以来初のアナログ盤だ。

 BIGINも同じく6月24日に25周年記念リリース第2弾としてニューアルバムを発売予定。去る3月にはBIGINの故郷である石垣島での25周年記念ライブも行われたばかり。

 槇原も5月27日にデビュー25周年第3弾となる新曲「超えろ。」をリリース。25周年全国ツアー『Makihara Noriyuki Concert Tour 2015 “Lovable People”』も3月からスタートしている。

記事の続き:小室ファミリーの全盛

記事タグ