ゴールデンボンバーの鬼龍院翔(30)が20日深夜に放送された『鬼龍院翔のオールナイトニッポン』(ニッポン放送、毎週月曜25時)で“モテ男”について自論を展開した。

 モテたい男性に向けて様々なトークを展開したこの日の放送。番組終盤になって鬼龍院は「歌が上手い人ってモテるのかな」「歌が下手でもイケメンはモテるし…」と、歌ウマ男性が必ずしもモテるわけではないのではないか―、とポツリ。

 続けて「これ歌ってと言われて歌えるのが重要だと思う。だからヒット曲を抑えておくのは必要」と、“モテ男論”を語った。

 自身もこの考えを実践しているようで、昨年末の日本レコード大賞を受賞した三代目 J Soul Brothers「R.Y.U.S.E.I.」を挑戦していることを告白。それでも「この曲難しいんだよな。歌詞の乗せ方が独特で難しい」とも明かした。

 また、SEKAI NO OWARIの「Dragon Night」は「めっちゃ歌っている」とお気に入りの様子。実際にこの日も放送中に“ドラゲナイ”が流れていた。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ