羽田空港で行われたクイーン来日40周年記念イベントのもよう。本人の参加はなかったが熱く盛り上がった

羽田空港で行われたクイーン来日40周年記念イベントのもよう。本人の参加はなかったが熱く盛り上がった

 世界的ロックバンドのQUEEN(クイーン)初来日40周年記念イベントが17日、東京・羽田国際空港のTIAT SKY HALLで行われた。クイーンのメンバー不参加にも関わらず、前売りチケットは完売。改めて日本でのクイーン人気が窺い知れた。会場には300人の元ティーンエイジャーのアラフィフ世代が集結、40年前にタイムスリップ体験が出来るイベントとなった。

 英ロック・バンド、クイーンの初めて来日して今年で40年。17日、羽田国際空港旅客ターミナル内のTIAT SKY HALLで記念イベントが開催された。

 1975年4月17日、羽田空港に降りたクイーンを迎えたのは1000人を超える熱狂的なファン。デビュー3年目の新人だった彼らはこの大歓迎に大いに驚き、以来、大の親日家となる。また、この初来日公演を機にクイーンはスーパー・スターへの道を駆け上がる。クイーンと日本のファンが"手をとりあって”繋がった最初の日でもある4月17日を「クイーンの日」と制定。思い出の地である羽田空港で開催されたのが、この日のイベント。

 オリジナル・メンバーが出演しないにも関わらず、チケットは完売。改めて日本でのクイーン人気を窺い知れる。入場時には1975年の初来日公演時のデザインを復刻したメモリアル・チケットが配布される。イベントは午後7時過ぎにスタート。40年前にメンバーが羽田空港の到着ゲートに表れたのと同時刻だ。

 冒頭、司会者より「クイーンの日」制定の報告があり、羽田空港に降り立ったシーンや滞在中の模様を紹介したドキュメントに、武道館公演の映像が約20分に渡って上映。そしてお待ちかねのライブ・パフォーマンス。演奏は国内外で活躍するトリビュート・バンド、QUEER(クイーア)。

 セカンドアルバム冒頭の『プロセッション』が場内に流れるとファンの期待と高揚は否が応にも高まる。1曲はサードアルバム収録のブギーロック・ナンバーの『誘惑のロックンロール』。ライブ・パフォーマンス第1部は1975年武道館公演のセットリストの再現だ。

 前半は様子を見守るかのように静かな対応だったオーディエンスも、大ヒット曲『キラー・クイーン』のイントロが流れるや堰を切ったように立ち上がる。懐かしのナンバーの応酬に集まった元ティーンエイジャー世代は、一緒にして40年前にタイムスリップ。初期クイーンのライブ名物であるドラムソロや、ギター・オーケストレーションを駆使したギター・ソロをも披露。こちらは元ロック小僧のオヤジ世代ファンの目を潤ませる。

 約40分のQUEER(クイーア)のライブ・パフォーマンスが終わると間髪入れずトーク・ショー・コーナーへ突入。このイベントの企画構成を担当したクイーン評論家の石角隆行さんがトーク・ゲストを呼び入れる。

 フレディ・マーキュリーの専属として全ての来日公演でガードマンを努めた伊丹久夫さん。当時の追っかけファンにはお馴染みの人気者だ。小林のり子さんは、1976年の2回目の来日以降、通訳を担当し地方公演を含め全日程に帯同した。そして、この日たまたま会場に来ていた宇都宮カズさんが急遽、トークゲストに参加。初来日から去年のサマソニまで、全ての来日公演に関わったスタッフの重鎮だ。

 スクリーンに映された1975年,1976年の詳細な滞在スケジュールを見ながら、秘蔵のエピソードが披露される。メンバーの中でいちばんのジェントルぶりを見せたのはギターのブライアン・メイ、ちょっとした行き違いでフレディ・マーキュリーを拗ねさせた(?!)話し等、スタッフとして内側から見た貴重な話しが次々に飛び出す。

 1982年の札幌公演の後にサッポロビール園を貸し切って行われたメンバー、スタッフ全員参加の大打ち上げパーティーの模様、最後のツアーとなったMAGIC TOUR(1986)直後に来日したフレディのプライベート・ショットなど、レア中のレアな写真がスクリーンに映し出され、ファンは大喜び。3人のゲストが披露する話しは面白過ぎて、トークショーは予定時間を大幅に過ぎる結果になった程。

 そして、再びQUEER(クイーア)の登場。ライブ・パフォーマンス第2部は70年代クイーンのベストヒット構成。アルバム『華麗なるレース』冒頭のSEが流れるや場内はざわつき始め、1曲目の『タイ・ユア・マザー・ダウン』から総立ち。1979年3度目の来日公演時の衣装で登場。

 QUEER(クイーア)は演奏技術もさることながら、一挙手一投足の動作のこだわりが半端ない。ロジャー・テイラーのドラミングでのちょっとした仕草、ジョン・ディーコンの動く際の足の上げ方といった細か過ぎるところまでも再現。その完璧ぶりには、クイーン全ての公演に立ち会って来た宇都宮カズをも唸らせるほど。本編ラストはクイーン唯一の日本語曲『手をとりあって』で、演奏者、オーディエンスが一体となった大合唱大会。

 アンコールでは、フレディ役のBulsaraが着物を羽織って登場。これは1976年の2回目の来日公演のアンコールと同じ。オリジナル・アルバムにも収録されてない初期ステージでのレア曲『ビッグ・スペンダー』の演奏が終わると、パッと着物を脱ぎ捨て赤白ストライプのホットパンツ姿に。これまた、76年来日時の出で立ち。マニアック過ぎる!オーラスはクイーンのコンサート、お約束の『ウィ・ウィル・ロック・ユー』〜『伝説のチャンピオン』〜『ゴッド・セイブ・ザ・クイーン』で締め、2時間30分を超えるクイーン・ファン大満足のイベントが終了。

 開催日、開催場所、開演時間にオリジナル・チケット復刻、40年前の来日公演スタッフ招集、オリジナル衣装再現と細部の細部までこだわった主催者のクイーン愛が伝わって来るイベントだった。クイーン来日40周年イヤーは今年いっぱい続く。

<クイーン初来日40周年記念〜The Queen Day〜>
2015年4月17日(金)19:00開演@TIAT SKY HALL

☆QUEER LIVE 第1部/1975年日本武道館セットリストより
OP.SE:プロセッション (QUUEN IIより)
01.誘惑のロックンロール/NOW I'M HERE
02.オウガ・バトル/OGRE BATTLE
03.ホワイト・クイーン/WHITE QUEEN(As It Began)
04.キラー・クイーン/KILLER QUEEN〜マーチ・オブ・ザ・ブラック・クイーン/THE MARCH OF THE BLACK QUEEN〜
リロイ・ブラウン/BRING BACK THAT LEROY BROWN
05.炎のロックン・ロール/KEEP YOURSELF ALIVE〜ドラムソロ〜ギターソロ〜
サン・アンド・ドーター/SON AND DAUGHTER
06.神々の業/IN THE LAP OF THE GODS...revisited

☆トークショー
ゲスト:伊丹久夫(フレディ・マーキュリー専属ガードマン)
宇都宮カズ(75年の初来日から、 2014年のサマソニまで全てのクイーン来日公演に関わる)
小林のり子(1976年以降2回目の来日から通訳を担当)
司会:石角隆行(クイーン評論家)

☆QUEER LIVE 第2部/1970年代のクイーン代表曲より
OP.SE:オーバーチュア(華麗なるレースより)
07.タイ・ユア・マザー・ダウン/TIE YOUR MOTHER DOWN
08.愛にすべてを/SOMEBODY TO LOVE
09.アンダー・プレッシャー/UNDER PRESSURE
10.ボヘミアン・ラプソディ/BOHEMIAN RHAPSODY
11.手をとりあって/TEO TORRIATTE (Let Us Cling Together) 
ENCORE
12.ビッグ・スペンダー/BIG SPENDER
13.ウィ・ウィル・ロック・ユー/WE WILL ROCK YOU
14.伝説のチャンピオン/WE ARE THE CHAMPIONS
15.ゴッド・セイブ・ザ・クイーン/GOD SAVE THE QUEEN

この記事の写真

記事タグ