[写真]「ワイルド・スピード」音楽も好調

全米アルバム・チャートで1位を獲得した「ワイルド・スピード」

 日本では17日に全国公開された『ワイルド・スピード SKY MISSION』のオリジナル・サウンドトラックと、エンディング飾るウィズ・カリファ(feat.チャーリー・プース)「シー・ユー・アゲイン」が、全米チャートでそれぞれ1位を獲得した。

 映画は北米では、公開週末の映画興行収入ランキングにて、シリーズ最高のオープニング成績となる1億4360万ドルの売り上げで初登場1位を獲得し、2週連続で全米ボックスオフィス1位に輝いた。

 そのエンディングを飾るウィズ・カリファ(feat チャーリー・プース)「シー・ユー・アゲイン」が、4月25日付の全米シングル・チャートで1位を獲得。14週連続で1位を記録していたマーク・ロンソン「アップタウン・ファンク feat. ブルーノ・マーズ」を破り、初登場100位から5週目でトップに躍り出た。

 また、『ワイルド・スピード SKY MISSION』のオリジナル・サウンドトラック(原題:Furious 7)も、今週の全米アルバム・チャートで1位を獲得。映画のサウンドトラックが同時にアルバム・チャートとシングル・チャートを制覇したのは、2003年、エミネムの『8 Mile』と「ルーズ・ユアセルフ」以来、12年ぶりの快挙となる。

[写真]「ワイルド・スピード」ED曲も好調

「ワイルド・スピード」エンディング曲をチャーリー・プースと歌うウィズ・カリファ

 ウィズ・カリファ(feat チャーリー・プース)「シー・ユー・アゲイン」は、3月11日のリリース以来、すでに世界93カ国のiTunes Store“トップソング”ランキングで1位を獲得している。

 また、定額制音楽ストリーミングサービスSpotifyにおいても、デイリー/ウィークリーのストリーミング回数で新記録を樹立。4月13日の1日だけで420万回、1週間で2190万回以上ストリーミングされ、アメリカやイギリスを含む26カ国でナンバーワントラックとなった。

 また、音楽検索アプリShazamでは、7日間で110万回以上もの検索数を記録。世界チャート週間1位に輝いた。

 マーク・クラスフェルド(Jay-Z, Katy Perry, Justin Timberlake等)が監督を務めた「シー・ユー・アゲイン」のミュージック・ビデオには、『ワイルド・スピード』シリーズの歴代シーンもふんだんに盛り込まれ、2013年に事故のためこの世を去ったポール・ウォーカーを追悼した作品となっている。

 主演を務めたヴィン・ディーゼルのFacebookページにて4月6日にプレミア公開され、最初の12時間だけで4000万回以上もの視聴回数を記録した。

 ウィズ・カリファ(feat チャーリー・プース)「シー・ユー・アゲイン」 ミュージック・ビデオ

 世界77カ国のiTunes Store“トップアルバム”ランキングで1位を獲得した、『ワイルド・スピード SKY MISSION』サウンドトラックは、全国CDショップ・配信サイトで発売中。ウィズ・カリファとイギー・アゼリアがコラボした「ゴー・ハード・オア・ゴー・ホーム」をはじめ、デヴィッド・ゲッタ、フロー・ライダーなど、超豪華アーティスト陣による楽曲が収録されている。

 ▽ウィズ・カリファとは
 2005年のデビュー以来HIP HOPシーンで絶大な人気を誇るラッパー。全米ナンバーワンシングル「ブラック・アンド・イエロー」や「ヤング・ワイルド&フリー(feat.ブルーノ・マーズ)」等の大ヒットで一躍スターダムを駆け上がり、2014年にリリースしたサード・アルバム『ブラック・ハリウッド』は全米アルバム・チャート初登場1位に輝いた。

[写真]「ワイルド・スピード」ED曲も好調

「ワイルド・スピード」エンディング曲をウィズ・カリファと歌うチャーリー・プース

 ▽チャーリー・プースとは
 米ニュージャージー出身の23歳。2011年、YouTubeにアップしたアデル「サムワン・ライク・ユー」のカヴァーがエレン・デジェネシスの目にとまり、エレンが司会を務める人気テレビ番組『The Ellen DeGeneres Show』に出演し、その後、エレンが設立したレコード・レーベルelevenelevenと契約。

 バークリー音楽大学でプロデュースを学び、ピットブルやジェイソン・デルーロ、トレイ・ソングスの作品にソングライターやプロデューサーとして参加。アトランティック・レコードからの第1弾シングル「マーヴィン・ゲイ (feat. メーガン・トレイナ―)」が大きな話題を呼んでいる、2015年注目の新人シンガー・ソングライターである。

サントラ作品情報

『ワイルド・スピード スカイミッション』(O.S.T)
トラックリスト
1. Ride Out / ライド・アウト 【Kid Ink, Tyga, Wale, YG, Rich Homie Quan】
2. Off-set / オフ-セット 【T.I. & Young Thug】
3. How Bad Do You Want It(Oh Yeah) / ハウ・バッド・ドゥー・ユー・ウォント・イット(オー・イェー) 【Sevyn reeter】
4. Get Low / ゲット・ロー 【Dillon Francis & DJ Snake】
5. Go Hard or Go Home / ゴー・ハード・オア・ゴー・ホーム 【Wiz Khalifa & Iggy Azalea】
6. My Angel / マイ・エンジェル 【Prince Royce】
7. See You Again / シー・ユー・アゲイン 【Wiz Khalifa (feat. Charlie Puth)】
8. Payback / ペイバック 【Juicy J, Kevin Gates, Future, Sage The Gemini】
9. Blast Off / ブラスト・オフ 【David Guetta & Kaz James】
10. Six Days(Remix) / シックス・デイズ(リミックス) 【DJ Shadow (feat. Mos Def)】
11. Ay Vamos / アーイ・バモス 【J. Balvin (feat. French Montana and Nicky Jam)】
12. GDFR(Noodles Remix) / GDFR(ヌードル・リミックス) 【Flo Rida (feat. Sage The Gemini and Lookas)】
13. Turn Down For What / ターン・ダウン・フォー・ワット 【DJ Snake & Lil Jon】
14. Meneo / メネオ 【Fito Blanko】
15. I Will Return / アイ・ウィル・リターン 【Skylar Grey】
16. Whip / ホイップ(* Bonus Track) 【Famous To Most】

記事タグ