[写真]絢香が出産後に一夜限定ライブを開催へ

出産後に一夜限定ライブを開催する絢香

 シンガーソングライターの絢香(27)が出産後に、東京・浜離宮朝日ホールで、スピーカーやマイクなどの電気楽器を使用しないで歌唱する、いわゆる“アン・プラグド・ライブ”を行うことが分かった。

 自身3年ぶりのオリジナルアルバム『レインボーロード』の特典として、一部のファンが参加するできる一夜限りのライブ。同アルバムの全生産分のうち400枚しか封入されていない希少なチケット「プラチナチケット」で、これを手に入れた人のみが会場に入ることができる。

 ライブは出産後の11月上旬に予定。産後の本格復帰第1弾イベントという位置づけだ。

世界的にも高い評価のクラシックホール

 会場となる浜離宮朝日ホールは、クラシック専用のホール。米国物理学会出版の『How They Sound~Concert & Opera halls』格付けでは、米ニューヨークのカーネギーホールと並び「Excellent」を評価を受け世界第9位にランク。

 その規模は、座席数522席(1階448席、2階104席)、奥行き32メートル、天井高さ平土間から12.55メートル~13.05メートルと、決して大きくない小規模室内楽ホールだ。しかし、前記のランクでは、大規模ホールが名を連ねたのに対して、小規模室内楽ホールでベスト9に選ばれたのは浜離宮朝日ホールだけである。

 同ホールの公式サイトによれば、格付け評価は、残響・聴衆とステージの関係の親密度・音のバランス・音色の輝き・透明感・温かさ・質感などを技術的に測定する一方で、演奏家や音楽評論家の意見も取り入れて総合的に判断された結果だという。まさに名ホールに相応しい。

環境の変化がもたらす歌声の迫力

[写真]絢香が出産後に行う一夜限定のライブ券

絢香が出産後に行う一夜限定ライブのプラチナチケット。アルバムに400枚しか封入されていない

 そして、今回のライブは、そのホールの良さを最大限に活用するため、スピーカーやマイクを使用せず、絢香の歌唱力のみでパフォーマンスを行う。絢香自身も初の試みだ。

 ミュージシャンのなかでも歌唱力の高さに定評がある絢香だが、マイクなしでホール全体に声を届けるためには身体全体を楽器に見立てて共鳴させ、響きの伴った声を発せなければならない。同ホールは小規模とは言えども、こうした声楽的アプローチは必要だ。裏を返せば、身体から発せられる歌声には自然と説得力や深みが生まれる。

 しかも今回は出産後に行うライブだ。バセドウ病を患い、それを乗り越えて念願だった第1子妊娠、そして間もなく迎える出産。環境の変化が与える心への影響。歌に込められる思いもまた、より強いものになるとなろう。繊細な演奏も全ての座席に響かせることが出来るホールの静まり返った空間のなかで伝わる“生身”の歌声。これまでとはまた異なる絢香の迫力を体感することができそうだ。

 なお、アルバムには、NHK朝の連続テレビ小説『花子とアン』の主題歌として国民的ヒットとなった「にじいろ」をはじめ、アルバム全収録曲13曲のうち、12曲がTV番組テーマソングや、ブランド、CMとのタイアップ。まさにベスト・オブ・ベストとも言える内容となっている。  【紀村了】

この記事の写真
[写真]絢香が出産後に行う一夜限定のライブ券
[写真]絢香が出産後に一夜限定ライブを開催へ

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)