[写真]マエケン新登場曲歌うベリーグッドマン

広島東洋カープのエース“マエケン”こと前田健太投手の新登場曲を提供したベリーグッドマン

 プロ野球・広島東洋カープのエース“マエケン”こと前田健太投手(27)の新しい登場曲を歌ってるのは誰?とファンの間で話題となっている。楽曲は3MCグループのベリーグッドマンの「1988」。彼らはインディーズながらもKis-My-Ft2の最新シングルのカップリング曲を提供するなど実力派で知られている。

 “マエケン”の登板時には2011年以来、広島県出身のアーティスト石井杏奈の「You’re my Hero」を使用しているが、今シーズンより5回のグランド整備後に新しい登場曲「1988」が採用された。歌っているのはインディーズで活動する3MCグループの「ベリーグッドマン」。メンバー3人とも、マエケン投手と同世代の1988年生まれで、出身地も同じ大阪。

 ベリーグッドマンの昨年11月にリリースしたセカンドアルバム『Sing Sing Sing 2』に収められた「1988」を、前田投手が見つけたのが、そもそものきっかけ。自身のブログで「めっちゃいい歌!メンバー3人が同級生と知り、一気に親近感!」と紹介。このブログを見たメンバーが、お礼の手紙と共にCDを送ったのを機に両者の交流が始まる。

 前田投手はその後、「曲作ってください」というメールを送る。メールを受け取ったメンバーは戸惑いながらも、「是非僕たちに作らせてください!!」と返信。当初は新曲を考えたが、両者の交流のきっかけとなった曲が「1988」でもあり、歌詞を前田投手用に変えたバージョンで新たに録音した。

 新登場曲「1988 前田健太投手Ver.」はミディアムテンポのナンバー。「アップテンポの歌よりも、静かな感じの歌の方が気持ちが入る!」と前田投手もお気に入り。新たな歌詞には「昭和63年に生まれ PLから広島カープ/最高な仲間と野球の毎日」、「今年は優勝してFeel so good」と綴られ「Whenever I respect for my マエケン」で締められた。

 前田健太投手の登場曲に使われる事になって、ベリーグッドマンのメンバーは「同世代というか同い年でもあるマエケンさんに、とてもシンパシーを感じてます!マエケンさんは野球で、僕達は音楽。ステージは違えど、このような縁で繋がれたことに心から幸せを感じています!1988年生まれの僕らが周りの仲間や友達、家族、先輩も後輩も引っ張っていくんだという気持ちでお互い頑張っていきたいです!」とコメントした。

 ベリーグッドマンは、Rover、MOCA、HiDEXの3人で構成されるボーカルユニット。2013年11月に大阪で結成され、2014年4月にアルバム『Sing Sing Sing』でCDデビューを果たす。3声ハーモニーの美しさとそのリリックが人気で関西を中心に勢力的に活動中。

 インディーズながら、メロディメーカーとしても注目されKis-My-Ft2の最新シングルのカップリング曲「サクラヒラリ」の楽曲提供も行うほどだ。最新作は、2015年3月25日に配信限定でリリースした「Happy Wedding」。4月11日から全国5都市で初のワンマン・ツアーをスタートさせる。

 「1988」は、ベリーグッドマンのセカンドアルバムで聴けるが、今回の登場曲バージョンは、広島の本拠地・マツダスタジアムでの前田投手登板時のみでしか聴けない。今のところ、リリースの予定はないそうだ。

この記事の写真
[写真]マエケン新登場曲歌うベリーグッドマン

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)