[写真]E-girlsが「ソロモンの偽証」上映会に

「ソロモンの偽証 後篇・裁判」先行上映会に出席したE-girls(9日、東京)

 9日都内で行われた映画『ソロモンの偽証 後篇・裁判』の先行上映会では、出演する石井杏奈(16)を激励に同僚であるE-girlsのメンバー、Aya、Ami、藤井夏恋、SAYAKA、楓、YURINO、須田アンナ、藤井萩花、中島美央、鷲尾伶菜、坂東希、佐藤晴美、山口乃々華が駆け付けた。

 トークでは、裁判シーンがテーマの同映画に絡めて「このメンバーは有罪だ!」と思うメンバーを“告発”した。

 YURINOはAmiを指して「人に無理なお願いをする時に、すごく甘えて可愛く言ってくるので、絶対に断れないんです。Ayaさんとかは聞かなくて良いっていうんですけど“ねぇねぇついでにお水いれてぇ”とか言ってくるので、断れないんです」と“陳述”した。

 “告発”されたAmiは自覚があるようで「そうですね、ありますね(笑)。後輩の人にお願いしちゃいます」と認めつつも、「楽屋でYURINOちゃん石井杏奈のこと言いますっていっていたのに急に変えるなんてそれこそ有罪やな」と反論した。

 また、中島美央は「佐藤晴美さんですね。毎日財布とか、携帯とか何かを忘れるんです。忘れることに悪気を感じていないというか気にしていない感じなので、ちょっと意識すれば治ることはしっかりやってほしいです」と佐藤晴美を名指し。

 その佐藤は「本当です。何かを忘れるのは日常茶飯事ですけど20歳までには治そうと思います!」とあと2カ月で直すことを決意した。

 鷲尾伶菜も佐藤晴美。「よく家に遊びに来るんですけど、冷蔵庫の中のお菓子とか食べちゃうんです。勝手に電子レンジとか使いだしちゃうんです」。

 佐藤「そうなんです。鷲尾さんの家には美味しいものがたくさんあるんです」と認め、鷲尾は「そういえばその時も家の鍵を忘れて、家に来ていました」と追い打ちをかけた。

記事タグ