モーニング娘。’15が、15日に発売する新曲「青春小僧が泣いている」のミュージックビデオ(MV)の別タイプとなる“アナザーバージョン”が7日、ユーチューブ上で公開され、ネットユーザーの間で「やばいカッコいい」と評判を集めている。

 すでに公開されている「青春小僧が泣いている」のMVは、モー娘。らしさを前面に押し出し、ダンスをメインにパワフルさを演出。今回のアナザーバージョンは、フジテレビ系『THE ビッグチャンス』の監督オーディションで優勝した渋江修平さんがメガホンを取った。

 7日にメンバーと一緒に渋江さん制作のMVを鑑賞したことをブログで報告した譜久村聖は、「とってもとってもかっこよかったです。私たちの個性の取り入れ方や、ええええー!ってビックリするところなど、斬新なMVです」と綴り、メンバーからも大絶賛を浴びているようだ。

 動画の舞台は、電車内や駅、森の中など。制服を着たメンバーがダンスし、器械体操、フラフープ、自撮り、壁ドン、チアガールなどのディテールを盛り込みアップテンポに仕上げている。特に超速で画面を横切る電車のイメージとメンバーが全力疾走する姿は、楽曲のメロディラインと合わせて“青春”の疾走感を抱かせる。

 これを見たファンはネット上に熱狂のコメントを寄せた。「かっけぇ」「やばいカッコいい」「最後の全員並んだ所良いな」「みんな髪の毛がストレートなのが新鮮」「見返したくなるMV久々だw」などと絶賛の声。

 さらに、「小ネタが多いからリピートしちゃうよなw」「電車の中のフラフープがシュールすぎる」「メンバーのアップも多くて良い」など、ディテールを評価するコメントも多く、「渋江監督が娘。について勉強してくれたのが伝わる」と、メンバーの個性を生かした点を評価する声もあった。

 「青春小僧が泣いている」は、15日に発売されるモーニング娘。’15の58枚目のトリプルA面シングル『青春小僧が泣いている/夕暮れは雨上がり/イマココカラ』に収録されている楽曲。作詞作曲をつんく♂が務め、全ての仮名を重複させずに使用して作る誦文“いろは歌”を取り入れた、つんく♂ワールドが詰まった楽曲になっている。

記事タグ