AKB48からの卒業を発表した川栄李奈(20)が4日深夜放送の日本テレビ系『AKB48旅少女』(毎週土曜深夜24時55分)に出演。過去に出演したバラエティ番組が女優を志す転機となったと明かした。

 番組は、AKB48グループメンバーが旅を通じて本音を語り合うトークドキュメンタリー。放送初回の今回は「おバカ3人 路線バスの旅」をテーマに、AKB48の川栄、木崎ゆりあ、西野未姫が鎌倉経由で箱根湯本を旅した。

 川栄は先月末に行われたAKB48単独コンサートで卒業を発表。襲撃事件以降、握手会に出れない自分を責め、女優を目指すために卒業を選択したと、翌日更新したブログで明かした。

 この日の放送では、「ダンスも歌も好きじゃない。最初から辞めたかった。苦痛だった」と告白。「何回か辞めようとして、17歳くらいが辞めたいピーク。『辞めます』と言おうとしていた時に番組があって、先輩からもキャラがついて、こいつバカなんだと。オチに使ってくれるようになって、やんなきゃいけないと思った」と明かした。

 川栄は、フジテレビ系『めちゃ×2イケてるッ』の企画「めちゃイケ抜き打ち期末テスト」で珍解答を連発して“バカ栄”というおバカキャラが開花。企画ユニット「BKA48」も立ち上がり、そこでセンターを務めるなど、名が知れるきかっけとなった。

 おバカキャラが転機になった川栄だが「私、バラエティが好きじゃないの。演技が好きだから」とも。「バラエティ班のイメージがある」と言われても「だって(私)面白くないもん」と理由を述べた。

 卒業後は女優を目指すとしているが、女優志望を抱くようになったきっかけは番組でのコントだったとし「お芝居が好きになった」とも明かした。

 番組ではこのほか、総選挙やそれぞれの卒業、今後のAKB48についても語り合った。なお、同番組は放送後にインターネット配信されている。

 次回11日は、「中学2年生の背伸び旅」と題して、全員中学2年生のAKB48後藤萌咲、下口ひなな、HKT48田中美久、矢吹奈子が出演。ちょっと背伸びした旅として放送される予定。

記事タグ