入山杏奈

入山杏奈

 AKB48入山杏奈(19)が26日に自身のツイッターを更新し、AKB48の40枚目のシングル「僕たちは戦わない」を歌う選抜メンバーを辞退したことを明らかにした。また、川栄李奈の卒業発表で入山の進退にも様々な憶測が流れたが、「それを理由に辞めることはない」と自身の考えを綴っている。

 入山は「AKB48の40thシングルの選抜、辞退させていただきました」を書き出し、「応援してくださっているみなさんごめんなさい。きっとびっくりさせちゃいましたよね。でもたくさん悩んで出した結果です。いつもたくさん心配かけてごめんなさい」とし、応援してくれるファンへの申し訳なさと、熟考の末に至った結論であることを綴った。

 入山は昨年5月、川栄李奈とともに岩手県の握手会で暴漢に襲われ、右手指の裂傷と骨折、頭部裂傷の怪我を負った。

 26日にさいたまスーパーアリーナで行われたAKB48のライブでは、その川栄が卒業を発表し、その直後に入山は今回のツイッターを更新。そのすこし前には、川栄との2ショット写真を掲載し、「りっちゃん おつかれさま。大好きっ」と綴っている。
 
 そのため、ファンからは「あんなちゃん卒業しないで」などのコメントが寄せられた。入山のこの一連のツイートに、川栄と同じく卒業を考えているのではないかとの憶測が広がったためだ。

 入山は辞退を表明したすぐ後、「それから。りっちゃんの卒業のことは本人から聞いて知ってたし、よく2人でも話してるので、今日のりっちゃんの話を聞いてそれを理由にわたしも辞めるなんてことはないです」と綴った。

 その上で、「いつか卒業したとしても、それは自分で考えた上でのことです。号泣しすぎてそれもまた不安にさせちゃったよね! もう復活 笑」とし、ライブでの一コマをまじえ自身の心境を綴った。

 さらに、「卒業しませんってことじゃなくて、卒業するとしても今日のりっちゃんの発表を受けて、、、とかじゃないよってことが言いたいのです。伝わったかな? 日本語って難しい」とも綴り、川栄の決断が入山自身の決断に影響するわけではないことを明言し、卒業に関しては自分で考えて答えを出して行きたいとの思いを伝えている。

 ファンは「伝わったよ!」「いつかだね、いつか。わかっておる」「あんにんわかったよ」と、入山のメッセージに共感を示す声が多く集まる一方で、「難しいね。卒業するとしても今すぐじゃないってことでいいんかな?」と判断をしかねる声もあるようだ。

 いずれにしても、「「あんにんはあんにんの道」「りっちゃんの分もAKBで頑張って」と、川栄のAKBでの残りの活動を、入山と一緒に応援したいとするファンのコメントが相次いでいる。

この記事の写真
入山杏奈

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)