SEKAI NO OWARIのFukaseが9日深夜のツイッターで、ファンの存在の大きさを語り、話題を呼んでいる。

 Fukaseは、「ファンがいて本当に良かったと思ってる。皆がいなかったら俺は潰れてたと思います。俺は、あの、ほら、いわゆる中二病のメンヘラだからさ。笑」と綴り、ファンへの感謝を伝えた。

 Fukaseが中学時代に精神的不安定を抱えていたことは、テレビのドキュメント番組などで広く知られるところ。Fukaseのツイートは2月27日以来、久しぶりとあってファンも即座に反応し、リツイートの勢いを示す「TwTimez」では一時、1位にまで急上昇した。

 ファンは「それに救われてる人間」「そんなことないですよ!!」「苦しんでいる時深瀬さんにたくさん助けられました」など励ましのメッセージを送った。

 SEKAI NO OWARIは9日夜、NHKで生放送された「震災から4年“明日へ”コンサート」に出演。昨年12月に被災地の宮城県・気仙沼を訪問しており、その模様が放送された。

 Fukaseのツイートは、当時の状況を振り返りながら今こうして活躍している自身と震災復興に重ね合わせて綴られたものと見られる。

 また、交際中のきゃりーぱみゅぱみゅも9日深夜のツイッターで同様のメッセージ。「なにかに挑戦することは勇気がいるし、その先が不安だけど進化していかないとずっとモヤモヤしたままだからな。もんだいガールはまさにそんな感じの曲。先へ進む」とし、新曲『もんだいガール』に込めた思いを綴っている。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)