[写真]スパガ後藤彩が最後の公演2

最後のステージでメンバーと抱き合い涙するSUPER☆GiRLS後藤彩

 アイドルグループのSUPER☆GiRLSが1日、東京・品川インターシティホールでライブ『SUPER☆GiRLS Special ONE day ~Thank you 510~』を開催、3月末をもって芸能界を引退する後藤彩(17)は卒業前最後のステージともあって涙ながらに熱演した。

 後藤はライブ中に「約5年間、SUPER☆GiRLSのメンバーとして活動してきてほんまに濃い経験をさせていただいたなと思ってます。私は新たな夢に向かって突き進んでいきます。SUPER☆GiRLSはこれからもずっと突き進んでいきます」と挨拶。

 続けて「いつも全力で応援してくださったファンの皆様、一緒に色んなことを12人で乗り越えてきたメンバー。12人がいるから今の私がいる。ファンの皆様がいるから今の自分、そしてメンバーがいます。これからも皆さんがSUPER☆GiRLSを支えていただけるとすごく嬉しいです」と涙ながらに話した。

 メンバーにはサプライズでスクリーンに後藤のこれまでを振り返る映像が流れた。『avexアイドルオーディション2010』を受ける姿や約5年間の様々な活動の様子が映し出されると、メンバー12人全員が堪え切れず大粒の涙を流した。

 アンコールでは、同じ関西出身で同い年のメンバーである溝手るか(18)からの手紙がサプライズで読み上げられた。

[写真]スパガ後藤彩が芸能界引退1

涙するSUPER☆GiRLS後藤彩

 手紙では「本当のことを言うと、まだ一緒に夢を追いかけたかった。まだまだ一緒にやりたいことも一緒に見たい景色もいっぱいあります。でも、ごっちゃんが決めた道、しっかり受け止めようと思うし、ごっちゃんやったら絶対夢を叶えられると信じています。これから追いかける夢は違うけれど、いつかお互いの夢が叶って、また一緒に喜びあえる日を楽しみにお互い頑張りましょう!」と、後藤の背中を押した。

 後藤が卒業した後のSUPER☆GiRLSについて、春から舞台『デスノート THE MUSICAL』の出演が決定しているセンターの前島亜美(17)は「結成当時から12人で活動してきて、“12”という数字にこだわっているので、ごっちゃんが卒業して11人になってからもし素晴らしい子がいたら、他のアイドルグループからでもSUPER☆GiRLSに引っ張りたいと思います!」と引き抜きも考えていることを伝えた。

 SUPER☆GiRLSは、2010年の結成から今年で5年目。後藤の分まで更なる進化を目指す。

記事タグ