[写真]寺下真理子がハイレゾ配信1位

ハイレゾ配信サイトで週間1位になったバイオリニストの寺下真理子

 バイオリニストの寺下真理子が4日発売したメジャーデビューアルバム『AVE MARIA』が、高音質音源いわゆる「ハイレゾ」を使用した楽曲配信サイト「e-onkyo music」でも配信され、同サイトにおける週間ランキングで1位(17日付)を獲得した。

 今作は、全体を通して神聖な雰囲気を大切にし、丁寧に作り上げられたアルバム。「アメイジンググレイス」や「アヴェ・ヴェルム・コルプス」など祈りに通じるものが多い一方で、モリコーネの楽曲やミュージカル「レ・ミゼラブル」の「夢破れて」、初めて作曲に挑戦したオリジナル楽曲など、ポピュラリティーに富んだ内容。

 更に、録音はDSDレコーディングを採用し、音質にもこだわりを持たせた。そのため、クラシック・ファンのみならず広い層にも受け入れられるような仕上がりになっている。

 寺下真理子は、優美で可憐なルックスが話題の実力派バイオリニストと言われ、数々のコンクールで上位入賞経験がある。2013年2月にはキングインターナショナルよりデビューCDをリリース、ヤマハホールでCD発売記念コンサートを開催し、各方面から高い評価を得た。

 2014年には大桑文化奨励賞を受賞。これまでに、岡山潔、大谷康子、漆原啓子、堀米ゆず子、田井美千代の各氏に師事。2015年2月には、キングレコードよりセカンドアルバムとなる『アヴェ・マリア』を発売した。

 なお同アルバム収録曲「誰も寝てはならぬ~歌劇『トゥーランドット』」のミュージックビデオは現在公開されている。実力派バイオリニストとしての確かな音色と、爽やかな映像に癒される。

 また、3月13日には、タワーレコード渋谷店でインストア・イベントも決定している。

記事タグ