ブルーハーツの影響力

[写真]結成30周年ブルーハーツの人気を読み解く<3>

結成30周年。今も変わらない人気のブルーハーツ

 最もストレートでかっこいいバンドとして「ブルーハーツ」の名前を挙げる人はどれだけいるだろうか。パンクロックとともに世間に衝動を撒き散らしたブルーハーツは、純粋であまりにもストレートなメッセージを、全開のロックンロールでなりふり構わず表現した。打算や回りくどさの対極にある彼らの愛した「パンク」とは一体どの様な音楽なのだろうか。

 強い眼光に、つなぎや皮ジャン、Tシャツ姿で思いのまま暴れまわり、はしゃぐ様に全力で音とメッセージを叩き付ける。「心のずっと奥の方」と歌う情熱そのままに、聴く人の感情を掻き立ち、煽る。ギター、ベース、ドラムというあまりにもシンプルに構成されたパンクロックサウンドは、まるで何かと闘っているようにも見える。シンプルに「カッコいい」という感情とエネルギーが湧き上がってくる。

 ブルーハーツが社会におよぼした影響は計り知れない。セールス面もさることながら、解散後もドラマ主題歌に度々起用され、楽曲「リンダリンダ」をもとにした映画も作られた。また、漫画「ろくでなしBLUES」ではメンバー全員をモデルにしたキャラクターが登場するなど、様々な分野まで広がっている。他方、ブルーハーツをきっかけに音楽を始めたというミュージシャンも少なくない。

 「リンダリンダ」や「TRAIN TRAIN」「情熱の薔薇」など、誰もが聞いたことがあるだろうヒット曲は現在もなお親しまれている。聞いた事が無くても一度聞けば口ずさめる、そのようなストレート且つ受け入れやすさがブルーハーツの音楽にはある。社会に真っ向から立ち向かっているブルーハーツが発する音楽のメッセージ性からは同時に何かを守ってくれている様なやさしさも感じられる。

この記事の写真
[写真]結成30周年ブルーハーツの人気を読み解く
[写真]結成30周年ブルーハーツの人気を読み解く
[写真]結成30周年ブルーハーツの人気を読み解く
[写真]結成30周年ブルーハーツの人気を読み解く

記事タグ