7月24日・25日・26日に新潟県湯沢町の苗場スキー場で開催される夏恒例の大型ロックフェス『FUJI ROCK FESTIVAL’15』の第1弾出演者が30日、公式サイトで発表された。

 今回発表された出演者は、椎名林檎(36)をはじめ、FOO FIGHTERS、MUSE、THE BOHICAS、cero、FKA twigs、HAPPY MONDAYS、OF MONSTERS AND MEN、TODD RUNDGRENの9組。

 椎名林檎としては、同フェスに出演するのは、04年に東京事変として登場して以来で、椎名林檎名義では初となる。

 チケットは「早期割引チケット」は既に完売。2月7日からは1日券や3日通し券など全券種の先行発売が開始される。

フジロック出演者情報(椎名林檎ほか)

 ◆FOO FIGHTERS グラミー賞11冠に輝き、アルバム総セールスは2000万枚。08年開催の単独公演以来7年ぶりの来日。フェスとしては05年のフジロック以来10年ぶり、4回目の出演となる。

 ◆MUSE 英国ロックバンド。グラミー賞1度受賞。アルバム総セールスは1500万枚以上とも言われる。フジロックには07年に出演している。

 ◆THE BOHICAS 英国ロックバンド。15年のブレイクが期待されている新人バンド。

 ◆cero Contemporary Exotica Rock Orchestraを略したのがバンド名の由来。高城晶平(Vo,Gt,Flute)、荒内佑(Key,Cho)、橋本翼(Gt,Cho)が参加する。海外アーティストの来日サポートも行うなど注目されている存在。フジロックには2012年も参加。

 ◆FKA twigs ジャマイカとスペインの血を引くシンガーソングライター。英国ロンドンを拠点に活動。14年8月にデビューアルバム『LP1』リリース。マーキュリー・プライズにノミネート。15年1月実施の初来日公演のチケットはソールドアウト。

 ◆HAPPY MONDAYS 英国バンド。マンチェスター・ムーブメントの寵児とも言われ、1999年以降再結成を繰り返している。2006年のフジロックでは、クロージングアクトとしてサプライズ出演した。

 ◆OF MONSTERS AND MEN アイスランド出身の6人編成ポップバンド。デビューアルバム『マイ・ヘッド・イズ・アン・アニマル』は2012年4月に全世界でリリースされ全米チャート初登場6位。フジロックは2003年に参加。

 ◆TODD RUNDGREN 米国出身。1967年にNAZZを結成、70年にソロアルバム『RUNT』。海外アーティストを始め、レピッシュや高野寛など日本人アーティストの作品もプロデュース。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ