[写真]NGT48新設にNegiccoの反応

マツコ・デラックスとの面会を希望したNegiccoのKaede。写真は昨年6月のもの

 AKB48新グループ「NGT48」が新潟に新設されることが発表され、既設のアイドルグループNegicco(ねぎっこ)との関係性が注目されているなか、NegiccoのメンバーのMeguはツイッターで「新潟を一緒に盛り上げていきたい」との見解を示した。

 Negiccoは2003年から新潟に根を張り活動を続けてきた元祖ご当地アイドルグループ。AKB48グループの国内5番目となる姉妹グループ「NGT48」の新潟誕生が発表され、ネット上ではNegiccoとの関係性を心配する声が寄せられ、「対決構図」の見方も一部で広がっていた。

 これを受けてMeguはツイッターで「対決とかじゃなくて、誰かも書いてくれていたけど、一緒に新潟を盛り上げて行けたらいいなと思います」と共に新潟を盛り上げていきたい考えを示した。

 今回のNegiccoとNGT48の関係性は、一般紙やテレビでも取り上げられ、タレントのマツコ・デラックスは東京のテレビ番組で、Negiccoを擁護する発言したとも報じられている。

 これを知ったMeguは「かわいそうってことじゃなくて、私達のことをマツコさんが覚えてくれていたことが嬉しかった。。そっちに感動してる」と綴り、Kaedeは「マツコデラックスさんにどうにかして会えないものか」とマツコとの面会を懇願した。

 また、Kaedeはファンから声援が寄せられていることに「Negiccoのことを知っている人が実は沢山いることが分かって純粋に嬉しかったです。あとはどうやったら見てもらえて、応援してもらえるか」とも綴った。

 報道の一部では、NGT48の新潟参入で地元経済が活性化するとも伝えられており、Negiccoを初めとするご当地アイドルとの共存共栄を重要視する声も上がっている。

記事タグ