[写真]SUPER☆GiRLSスノボ初挑戦

渋谷駅や新宿駅に掲出されているSUPER☆GiRLSのスノボウエア姿

 スキー場では美しさが増すと言われている「ゲレンデマジック」。その現象が渋谷駅や新宿駅など関東主要17の駅で起きているという。

 全国に9のスキー場を運営・提携する東急スノーリゾートがこのほど、「滑る」と「旅」をテーマに「冬しか行けない旅がある」と題したキャンペーンじ実施。そのイメージキャラクターに、アイドルグループ「SUPER☆GiRLS」のメンバー、志村理佳(22)、宮崎理奈(20)、荒井玲良(20)、田中美麗(18)の4人が起用された。

 1月19日から2月1日までの期間、JR渋谷駅・新宿駅など関東の主要な17の駅でスノーボードウェアを着込んだ彼女たちのビジュアルが掲出されている。ファンの間では「可愛すぎる」と好評を集めている。

 4人は今回、東急スノーリゾートへ1泊し「冬の女子旅」を体験したようだ。スノーボードにも初挑戦し、白銀の世界で「滑る楽しさ」を経験。「また絶対に挑戦したい」と堪能した様子であった。

マラソンにも挑戦

[写真]SUPER☆GiRLSマラソンも

今年もホノルルハーフマラソンに挑戦するSUPER☆GiRLS

 そのSUPER☆GiRLSの活躍の場は寒いゲレンデだけではない。

 常夏の島ハワイにて行われる『ホノルルハーフマラソン・ハパルア2015』の“盛り上げ隊”への就任が決定しており「SUPER☆GiRLSと走る!ホノルルハーフマラソン・ハパルアツアー」と題した、ファンツアーが4月に実施される。

 19日から応募が開始され、既に多くのファンの参加申し込みが寄せられているようだ。

 同ツアーは、昨年も実施され多くのファンが参加した。今回は内容を更に充実させ、3チームに分かれて、メンバーと一緒にオアフ島を観光したり、ドルフィンを見に行ったり、ハワイアンジュエリー作りに挑戦したりと、思い出を一緒に創ることが出来る内容となっている。

 ハーフマラソンも、一緒に走ることになっている。

 昨年、女子15歳~19歳の部で優勝を果たした溝手るかは「今年も優勝して、2連覇を目指して頑張ります!!」と気合十分だ。

 真冬のゲレンデから、常夏のビーチまで活躍の場を拡げるSUPER☆GiRLS。2月18日には12枚目のシングル『ギラギラRevolution』の発売が決定しており、2015年6月には結成5周年を迎える。

記事タグ