[写真]氷室京介の真相が映像に

横浜スタジアム初日公演を収めた映像作品「KYOSUKE HIMURO 25TH ANNIVERSARY TOUR」

 ロック歌手の氷室京介(54)が昨年7月19日に横浜スタジアムで行った単独公演の模様を収めた映像作品『25th Anniversary TOUR GREATEST ANTHOLOGY -NAKED- FINAL DESTINATION DAY-01』(DVD,Blu-Ray)が21日発売され、20日付オリコンデイリーDVD音楽ランキングで2位を記録した。

 同映像作品は、周南市文化会館公演(山口県周南市)の突然のライブ活動休止発表から迎えた全国ツアー最終2DAYS(横浜スタジアム)初日公演の様子を収めたもので、氷室から初めて真相が明かされた公演でもあった。

 肋骨を折りながらも満身創痍、全25曲を熱唱。公演の終盤には12分にもわたって、活動休止を決意した思いを語り尽くした。初日公演を締め括った「ANGEL」は氷室がソロとして最初に世に送り出した楽曲。全50公演にも及んだツアーのフィナーレ、そして氷室京介としてのライブ活動を締め括るかのように何十発の花火が空に打ちあがった。

 2日目公演で再演を誓った氷室のファイナルコンサートは今年発表される予定だ。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)