離婚報道のあったロック歌手の高橋ジョージ(56)と女優の三船美佳(32)がそれぞれ会見を開き見解を示した。高橋は所属事務所で、三船は大阪のテレビ局前で、それぞれ報道陣の取材に応じた。24歳差で結婚16年、おしどり夫婦とも言われた2人に何があったのか。

 各メディアが伝えたところによると、今回の離婚について高橋は去年5月に裁判所に届いた離婚調停で知ったといい「電話はおととし12月から直接とれないようになっていた」「夫婦げんかの延長だと思っていた」と寝耳に水であるとも語り「もう1度やり直せたらいいと思っている」と関係修復を願った。

 一方の三船は「離婚を決意させていただきました」と報告。「娘もいることなので、慎重に考えた末。気づいたら」と熟慮を重ねた結果だと説明した。ただ、離婚原因については「今は何も話せない。裁判もあるので」と触れることはなかった。その一方で明るい表情で「今が本当に幸せ」とも述べた。

結婚から離婚訴訟までの流れ

 高橋と三船は1998年9月12日に結婚。もともと高橋のファンだった三船は結婚当時16歳、高橋は40歳だった。24歳差の結婚は大きな話題を集めた。おしどり夫婦として2人でメディアに出演することも多かったが、最近はそれぞれ別々に登場する場面が目立っていた。

 各メディアによれば、もともとレギュラー番組を大阪にもつ三船から「大阪に拠点を構えたい」と言う話で、おととし12月に三船が大阪に住居を移し別居。高橋は離婚前提の別居とは理解していなく「半年で帰ってくる」と思っていたようだ。その半年後の去年5月に三船は離婚調停を申し立てるも決裂。三船側は離婚を求めて裁判することを決意したという。

 一部報道では、高橋の束縛が原因とも伝えられているが、高橋は「外出禁止令はうちには存在しない。でも彼女は感じていたことなのかな。(三船の)行動はいちいちチェックしますよ。お互いそうじゃないですか夫婦って。今日どこ行くの? とこか。そうやってすり合わせて子供を、どっちが早く帰るとか」と束縛を否定。

 更に「浮気もしていないし、暴力もしていない。家庭が不和になるようなこともしていない。性格なのかなって」「食い違うこともなかったので、逆に我慢していたのかな」と思いを張り巡らせた。

 一方の三船は「今までの事に関しては自分からお話ができなくなっているので、時期的に」と裁判中であり回答は出来ないとした。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)