[写真]UVERworldが横アリで初の「男祭り」<1>

ライブのようす

 ロックバンドのUVERworldが10日、横浜アリーナで『φ CHOIR TOUR 2014-2015』の最終公演を行った。この日は男性客限定の『KING’S PARADE』、通称「男祭り」。文字通り1万2000人の「男」がアリーナを埋め尽くした。

 ステージ前に貼られた幕が落ち、メンバーが勢いよくステージに登場すると、まるで地響きのような歓声がアリーナを包んだ。その様子は、さながらUVERworldと男たちの、音楽への想い、UVERworldへの想いをかけた戦いの幕開けようだった。

 観客の気迫に応えるように、1曲目『7th Trigger』からTAKUYA∞が客席に飛び込むパフォーマンスを見せ、この日のライブにかける想いを全身で見せつけた。

[写真]UVERworldが横アリで初の「男祭り」<3>

熱唱するTAKUYA∞

 「俺たちが横浜アリーナで男だけのライブをできるようになるまで一切近道は無かった。本気でUVERworldを愛してる、音楽に人生をかけているからこそできるライブを見せてやる!」とTAKUYA∞が叫び、『ENOUGH-1』が始まると、アリーナは男達の興奮で揺れた。

 ライブ中盤『IMPACT』『ナノ・セカンド』とたたみかけるようなセットリストで、観客の興奮も最高潮に。終盤ではツアータイトルである『φ choir』を熱唱した。

 TAKUYA∞は「結成した当時男祭りをしたいと言った俺らに笑ったやつだっていた。でもいま見てみろよ!男なら、鼻で笑われるようなでっかい夢を持って、俺たちのように叶えてみせろ!ここで歌えることはすごく気持ちいい!みんなでひとつになろうぜ!」とラストとなる『MONDO PIECE』を熱唱。

[写真]UVERworldが横アリで初の「男祭り」<2>

会場のようす

 横浜アリーナに来場した全員も大合唱し、全てを出しきったライブへの喜びから自然と笑顔が溢れていた。最後にTAKUYA∞は「男に生まれて心底幸せ、次回は東京ドームでやろうぜ!」と最後まで熱い言葉を残しステージを後にした。

 また、今回のライブはWOWOWにて4月に放送されることが決定だ。

セットリスト

M1 7th Trigger
M2 ace of ace
M3 Fight For Liberty
M4 ENOUGH-1
M5 NO.1
M6 KINJITO
M7 REVERSI
M8 誰が言った
M9 バーベル~皇帝の新しい服 ver.~
M10 6つの風
M11 23ワード
M12 LIMITLESS
M13 7日目の決意
M14 Massive
M15 Wizard CLUB
M16 Don’t Think.Feel
M17 零 HERE~SE~
M18 IMPACT
M19 CORE PRIDE
M20 ナノ・セカンド
M21 ∅ choir
M22 MONDO PIECE

この記事の写真
[写真]UVERworldが横アリで初の「男祭り」
[写真]UVERworldが横アリで初の「男祭り」
[写真]UVERworldが横アリで初の「男祭り」

記事タグ