SEKAI NO OWARIのDJ LOVEがインフルエンザを患い、26日、テレビ朝日系『ミュージックステーション スーパーライブ2014』(千葉・幕張メッセ)の生放送を欠席、急きょ3人によるアコースティックバージョンでパフォーマンスした。

 歌唱前にDJ LOVEの欠席が伝えられると、ボーカルのFukaseは「急きょ、今日決めて、今日アレンジして」とドタバタの様子を語った。

 ライブパフォーマンスでは、DJ LOVEのぬいぐるみを携えて、Fukaseはタンバリンを、ピアノのSaoriはアコーディオンを、ギターのNakajinはアコースティックギターを手に、アコースティックバージョンで「Dragon Night」を披露。EDMを取り入れた楽曲だが、北欧のケルト音楽を思わせる軽快なノリにアレンジ、異なる曲調で観客を魅了していた。

記事タグ