テレビ朝日系『ミュージックステーション スーパーライブ2014』が26日、千葉・幕張メッセから生中継され、X JAPANが17年ぶりにテレビ出演を果たし、代表曲でもある「紅」「Forever Love」や「Rusty Nail」、新曲「Hero」をスペシャルメドレーで披露した。

 YOSHIKIは17年前の出演を「まだhideとTAIJIは生きていましたら」と振り返り、ドラムセットをなぎ倒したことについては「当時は色々とお騒がせをしました」と語った。久々のテレビ出演となるが、YOSHIKIは「結構俺たちワイドショーに出てるよね」と笑みをこぼすと、洗脳騒動で露出の多かったToshlは「色々とお騒がせしていますよね」と自虐した。

 今後の活動についてYOSHIKIは「ライブでは色んな国も回ってきたので、来年8月にアルバムを発売して、第2の世界ツアーを回ろうかな」とプランを明かした。

 本編のライブでは、彼らの代表曲でもある「紅」のイントロから始まり、「Forever Love」や「Rusty Nail」、そして新曲「Hero」をスペシャルメドレーで披露。「Hero」の際にはYOSHIKIが上半身裸になって激しく打ち鳴らすとToshlが寄り添い熱唱し、「また会おうぜ!」と再会を誓った。

 「紅」のイントロのあとに披露した「Forever Love」は、hideさんの告別式(1998年)で鎮魂歌としてYOSHIKIによるピアノ伴奏でToshIが歌い捧げたもの。そのhideさんは今月13日に生誕50周年を迎えている。

記事タグ