[写真]アップアップガールズ(仮)がホノルル駅伝に

ホノルル駅伝への挑戦が決まったアップアップガールズ(仮)。14日、横浜・大さん橋ホールで行われたイベントでのもよう

 アイドルグループのアップアップガールズ(仮)が来年5月31日(現地時間)にハワイ・オアフ島で行われる『ホノルル駅伝&音楽フェス2015』に参加、距離42.2キロのコースを走る駅伝にも挑戦することが分かった。14日、横浜・大さん橋ホールで行われた『Island life style show 2014』で発表した。今夏には富士登山に挑戦し登頂に成功している。

〈写真〉ハワイの夢を語るアプガ佐保明梨

 この日、『『Island life style show 2014』にゲスト出演したアプガは、ハワイアンミュージックが流れゆったりとした雰囲気のある会場で、ハワイの日差しを感じさせる爽やかなポップソング「メチャキュン■サマー ( ´ ▽ ` )ノ」を歌い上げた。

 MCで、自己紹介に合わせハワイのイメージ、やりたい事を聞かれると、仙石は「両親がハワイにはまっていて家がハワイだらけ。朝からハワイの音楽が掛かっていてハワイずくめ。ハワイは海が綺麗なイメージなのでダイビングしたい!」。

 また関根は「休日はお母様方が皆でフラダンスをしているイメージ、混ざりたい」、森「この木何の木、気になる木♪のイメージ。森咲樹の名前は、人生という大きな木に花が咲くようによ付けてくれた名前。ルーツになる木を見たい」、佐藤「クリスマスの時期にハワイに行ってサンタになってプレゼントを届けたい」。

 更に新井は「スパムむすびが大好きなのでハワイに住んでたくさん食べたい」、佐保「小学校の時に留学してきて、空手道場で仲良くなったジョディと会いたい」、古川「オシャレなイメージが有るので、オシャレなワンピースを着てオシャレなカフェでくつろぎたい」と、ハワイに誰一人として行った事の無いアプガが夢を語った。

 その夢を聞いた司会者のデビット・スミス氏より『ホノルル駅伝&音楽フェス2015』への参加決定がサプライズで伝えられるとメンバーは歓喜の声を上がった。メンバーもこの駅伝(距離42.2キロ)に参加して走る。

 関根は「初めてハワイで大きな挑戦ができることが嬉しい。日本で培ってきた雑草魂、サムライ魂、負けん気魂で頑張ってアイドルの底力をぶつけていきたい」と意気込みを語った。

 イベントは「サマービーム!」で締めくくった。

富士登頂成功も実は走りは苦手?

 イベント後に行われた取材では、走るのは苦手というメンバーが多いことに古川は、この状況で当日完走できるか不安と本音をポロリ。体力を鍛えて臨みたいと提案した。

 すると、来年1月にハーフマラソンに挑戦予定で学生時代は中長距離の選手だった仙石は「7人で絆をつなぎながら走れるのが心強い」と頼もしい言葉をかけた。

 ただ報道陣からは1チーム6人までしか参加できないこと、7人を2つのチームに分けることを知らされると、仙石で1チーム、残り6人で1チームというプランが浮上。頼みの綱である仙石を欠くことに懸念があるのか他のメンバーからは悲鳴を上がった。

 ハワイでやりたい事を聞かれると、関根は「アプガ流にアレンジしたムームーを着たい」、新井は「ファンの人も鍛えられるビーチバレー大会」と思い思いのコメントをした。

 『ホノルル駅伝&音楽フェス2015』は2015年5月31日(現地時間)に行われる。アップアップガールズ(仮)のファン向けツアーも開催予定である。

 ※■はハートマーク

記事タグ