9mm Parabellum Bulletのギター、滝善充(31)が11日開催のツアーファイナル公演のアンコールで足を痛めていたことがわかった。12日、公式サイトで発表されたもので、その後、病院での診察を受けたところ、左足小指付け根を骨折、全治2カ月と診断された。

 ギターを弾くことについては支障がないとして、治療に専念するものの、ライブ出演は予定通り行い、椅子に座っての演奏で参加するという。

 滝は「骨折して椅子に座ってライブをやるのは初めてではありませんので、心配は無用ですよ。皆さんの健脚を存分に見せて下さい。頑張りますのでよろしくお願いします」とコメントしている。

 またメンバーとスタッフは「滝がギターを弾く事に変わりはありません。メンバー・スタッフ一同、みなさまに良いステージをお届けできるよう努めていきます。ライブでお会いできるのを楽しみにしています!」としている。

記事タグ