AKB48グループ総監督の高橋みなみ(23)が来年12月8日を目途にグループを卒業することが、わかった。8日、東京・秋葉原のAKB48劇場で行われた9周年記念公演で自身の口から発表したもので「残された時間を一生懸命に頑張っていきたい。悲しい事ではない。来年は10周年で大切な1年。11年目に繋げて欲しい」と語った。

 グループの功労者でもあり、メンバーの精神的支柱でもある高橋みなみ。発表の一昨日は、テレビ番組の企画で卒業するどっきりを仕掛けたが、それが現実のものになったことでネット上でも衝撃が走った。

 卒業時期は来年12月8日。1年先に設定した理由を「メンバーに引き継ぐ時間、有余をいただくために、このタイミングでの発表をさせていただきました」と説明。更に総監督の継承者に横山由依を指名し彼女に向けては「1年間、必ずバトンをつなげたいと思います」とエールを送った。

 また、卒業は「悲しいことではない」とし「AKB48は来年10周年。大切な年です。私もこのグループに10年居れた事が嬉しい。10年で終わるようなグループではないと思っています。11年目につなげてほしい」とも述べた。

 高橋は今年8月に放送されたテレビ番組で卒業について言及していた。

 この番組で高橋は、総監督しての苦悩を語るとともに、卒業に対する考えを「嫌いだったらAKB48を続けていないと思います。自分が卒業するときは、AKBが嫌いになったときは嫌なんです。一番好きなまま卒業したい」と語った。

 更に卒業の時期にも言及し「ある意味今ですよね。ほんとに今好きで、愛しているからこそ総監督としてグループのために何かやらなきゃいけないなと思っている」と明かしていた。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)