関ジャニ∞が、ジャニーズの先輩であるTOKIOの松岡昌宏(37)の男っぷりを語った。5日放送のテレビ朝日系『ミュージクステーション』でのトークで、「ジャニーズで気前の良い先輩は誰か」という質問に答えたもので、丸山隆平(31)と横山裕(33)、村上信五(32)がエピソードを明かした。

 質問に対して丸山隆平が「TOKIOの松岡さんですね」と答えると、外食先でのエピソードを紹介。「たまたまお店が一緒になり別々の席で食事をしていて。挨拶だけはしたんですけど、帰る頃には松岡さんはいらっしゃらなくて、お店の人に『既に松岡さんからお会計を頂いています』と言われました」と語った。

 また、横山裕と村上信五はタクシーでの男っぷりを明かした。横山が「僕もジュニアの時に帰りにタクシー代として1万円を頂いた。僕はタクシーに乗らないで頂いちゃいました」と冗談を加えて話すと、村上も「僕もタクシー代をもらいましたけど、後日領収書とお釣りを渡しに行ったら『いらねえよ』って。『もらっとけよ』とそのままくれました」と明かした。

  更に、横山は「後輩の事を小僧って呼びます。『小僧行くぞ』って言います。今でも」と、松岡の人柄が伺えるエピソードも明かした。

 MCのタモリも丸山のエピソードを聞き「かっこいいね」と松岡を讃えていた。

 同番組で関ジャニ∞は、丸山が主演を務めるドラマ『地獄先生ぬ~べ~』の主題歌で、ラッキ池田が振り付けをした新曲「がむしゃら行進曲」(12月3日発売のシングル)を披露した。

記事タグ