[写真]武藤彩未がデビュー年の1年を振り返る

タワーレコード秋葉原店で開催されたトークイベントに出席した武藤彩未

 ソロアイドルの武藤彩未(18)が12月1日、東京・タワーレコード秋葉原店で行われたトークイベント『A.Y.M. Greeting to YOU ~memorial gift~』に出席、メジャーデビューした今年1年の活動を振り返った。

 11月26日にライブDVD『A.Y.M. Live Collection 2014~変化~』を発売した武藤。この日は、音楽ライターの南波一海氏を相手に、12月17日発売のライブDVD『A.Y.M. Live Collection 2014~進化~』を含めた映像2作品や、12月27日に東京・赤坂BLITZで行われるライブ『OWARI WA HAJIMARI』への想いも語った。

 まず、今回各地をまわったライブ『A.Y.M. Greeting to YOU』を振り返り、大阪での初ライブや初めて訪れた名古屋での様子など、和やかに雰囲気のもとにトークが展開され、ライブDVDにも収録されている4月29日の渋谷TSUTAYA O-EASTでのデビュー&バースデーライブについては「幸せだったなぁ」と感慨深そうに語った。

 武藤は、6月10日開催の特別ライブ『A.Y.M. Ballads』では初のアコースティックライブに挑戦し、一転、7月・8月開催の『SUMMER TRIAL LIVE「20262701」』ではバンド編成で臨むなど、短期間のうちに様々な形式でライブを経験した。これについて彼女は「ライブ会場で湧き出る感情で動く楽しさを知った、自分の殻を破ったライブ」と述べ、ライブDVDのタイトル通り、自身の「変化」や「進化」によって自信を深めた様子が伺えた。

 これを経て今月27日に迎えるライブ『OWARI WA HAJIMARI』(チケット今週末一般発売開始、会場・赤坂BLITZ)に関しては「最強のライブにします!」と力強く意気込みを語るとともに「皆さん(観に来るお客さん)も体力必要なくらいのライブになりますよ!」とファンを鼓舞していた。

 現在製作中で来年発売されるアルバムについては「今回の作品はイントロからサビまでインパクトのあるキャッチーな楽曲が多いです」と聴きどころを説明。「いつも見守ってくれてありがとうございます」とハツラツとした挨拶でイベントを締め括った。彼女のトークからは、様々なライブを通じて着実に変化を遂げてきた気力の充実ぶりが伝わってくるようだった。

この記事の写真
[写真]武藤彩未がデビュー年の1年を振り返る

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)