[写真]X21のXマスソングのMV公開

YouTube等で公開されているX21「Xギフト」ミュージックビデオの一コマ

 全日本国民的美少女コンテスト出身のアイドルユニット「X21」が、自身4枚目のシングル「Xギフト」のミュージックビデオを公開した。

 『Xギフト』と銘を打った今作は、アーティスト名のX、クリスマスのX、X21の名前の由来のひとつでもある無限の可能性Xなど、様々な想いが込められ、“感謝”をひとつのテーマにした軽快なクリスマスソングとなっている。

 今作ではメンバーの一人である山木コハルの父で数々の著名アーティストのバックでドラム演奏をしている、名ドラマー、山木秀夫氏がドラム演奏で楽曲に参加しており、よりグルーブ感のある作品として仕上がっている。

 ミュージックビデオは10月中旬に茨城県の某結婚式場で早朝から夜にかけて撮影。「クリスマスと感謝の想い」をコンセプトに制作された。

 文字通りクリスマスを意識した赤い衣装に身をまとったメンバーが、まるでミッションスクールの女子高のような架空のパーティーシーンと彼女たちの美脚も美しいダンスシーンを披露していて、この時期にとてもぴったりなキュートな作品に仕上がっている。

 途中に組み込まれた、手話によるギフトBOXを贈る仕草などもとても印象的だ。

 最近では夏にリリースしたセカンドシングル「恋する夏」のカップリング曲として正式なカバー曲として収録された「キヨミ・ソング」(昨年韓国で大ヒットした数え唄)のフリビデオが若い子を中心に「カワイイ」と評判になり、自画撮りして自分なりの「キヨミ・ソング」のフリを動画サイトに上げることなども流行りだしている。

 そのせいか、X21の「キヨミ・ソング」のユーチューブの回転数もうなぎ上りに上昇中ですでに75万回転以上を記録していてさらに勢いを増している。

 リーダー吉本実憂も12月は主演映画に大河ドラマに出演など、その他のメンバー含め個々の活動もますます盛んになってきているX21、次世代ユニットとしてデビュー、清純派正統派アイドルとしてその頭角をだしてきている彼女たちが贈るクリスマスギフトだ。

記事タグ