[写真]木村カエラがウォークマン新CMに出演

木村カエラが出演するウォークマンの新CMの一コマ

 歌手の木村カエラ(30)が、ソニーウォークマンの新CM「禁断のWALKMAN篇」に出演する。CMのために新曲「sonic manic」を書き下ろした木村は「音によって気持ちを高めていける、アガる曲になっているので、みんなで盛り上がって欲しいです」と語っている。なお、同CMは23日にウォークマンの特設サイトで先行公開されている。

 新CMでは「音の量がちがう。聴けば戻れなくなる、濃密な音。」をテーマに、CDを超える情報量を持つ高音質なハイレゾ音源を、色鮮やかな光のラインで表現している。

 木村が手元のウォークマンを再生すると、ウォークマンから発せられた光のラインが木村の身体を取りまきながら耳元に飛び込み、体内に浸透していくように流れていく。高精細で濃密なハイレゾ音源の波が木村の感性を揺さぶり、新しい世界へといざなうウォークマンの世界観が詰まったものとなっている。

 今回、木村が書き下ろした新楽曲「sonic manic」は弾けたボーカルが際立つ、木村らしいパワフルなロックチューンとなっている。木村はハイレゾ音源に触れつつ新曲について以下の通りに語っている。

 ――「ハイレゾ音源対応ウォークマンAシリーズは、ライブ会場に居るように、生で演奏している演奏者の姿が目に浮かぶんです。ハイレゾで音楽がこんなに変わるものなのですね。新曲の『sonic manic』は音によって気持ちを高めていける、アガる曲になっているので、みんなで盛り上がって欲しいです。とにかく一度、ハイレゾで聴いてみてほしいですね。もう元の世界には戻れなくなると思います(笑)」――

 ウォークマン特設サイトでは、新CMのほか木村のハイレゾ音源対応ウォークマンAシリーズ体験インタビュー「KAELA meets WALKMAN A series」も同時公開している。

この記事の写真
[写真]木村カエラがウォークマン新CMに出演

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)