【写真】ナオトとシェネル「ブライダルミュージックアワード」受賞(2014年10月2日)

第1回「ブライダルミュージックアワード」に選出されたナオト・インティライミとシェネル(一般社団法人音楽特定利用促進機構)

 ナオト・インティライミ(35)とシェネル(31)が、今年結婚式で最も人気を集めた楽曲及びアーティストを決定する『ISUM ブライダルミュージックアワード2014』(一般社団法人音楽特定利用促進機構主催)に選ばれたことがわかった。その授賞式は9月30日に行われ、ナオト、シェネルともに「光栄です」と喜んだ。

 初開催となった「ISUM ブライダルミュージックアワード」。その第1回目を飾ったのは男性部門では「ありったけのLove Song」を歌ったナオト・インティライミ、女性部門では「ベイビー・アイラブユー(English Ver.)」のシェネルであった。

 ナオトは「4年前にリリースしたこの曲が選ばれてびっくりしています。自分の曲が結婚式に色を添えることができてソングライターとしても光栄です。皆さんに育てていただいた曲です」と喜びのコメント。

 また、シェネルさんは「結婚という一生残るものに私の曲を使っていただけて嬉しい。私が皆さんの結婚式におじゃましているようで、光栄です」と喜んだ。

 この「ISUM ブライダルミュージックアワード」は、ブライダルシーンにおける楽曲にかかる著作権・著作隣接権をより多くの人に理解を得てもらい、音楽と結婚式が深く結ばれることを趣旨としている。その一環に「2014年、結婚式で最も人気の 楽曲/アーティスト」を表彰するアワードが設けられた。今後毎年開催していく予定。

 ISUM(アイサム)は、結婚式を演出する音楽・楽曲についての煩雑な著作権・著作隣接権の権利処理を適切に行えるスキームを提供。このスキームは、日本レコード協会及び日本音楽著作権協会をはじめとする著作権管理事業者、そしてブライダル関連の団体・企業の協力を得て、運用を開始している。

この記事の写真
【写真】ナオトとシェネル「ブライダルミュージックアワード」受賞(2014年10月2日)

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)