【写真】BUMP OF CHICKENと「3月のライオン」がコラボ(2014年9月26日)

コラボすることが決まったBUMP OF CHICKEN(右)と人気マンガ「3月のライオン」(C)羽海野チカ/白泉社(ヤングアニマル)。互いの作品に新曲、スピンオフ作品を書き下ろした

 全国20公演・25万人動員の全国ツアー『WILLPOLIS 2014』を終えたばかりのロックバンド・BUMP OF CHICKENが、連載中の人気マンガ『3月のライオン』とコラボレーションすることが26日、わかった。マンガの原作者である羽海野チカさんが熱烈なバンプ=BUMP OF CHICKEN=ファンだったこと、そしてバンプ自身も“羽海野作品”の愛読者だったことから今回手を取り合った。

 バンプと「3月のライオン」拡大写真

 はじまりは、羽海野チカがBUMP OF CHICKEN が好きであり、BUMP OF CHICKENのメンバーが「3月のライオン」が好きだということからだった―。

 『3月のライオン』は、白泉社の青年コミック誌『ヤングアニマル』で連載中のマンガで、2014年には第18回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞している。前述の通り、この原作者である羽海野さんが熱烈なBUMP OF CHICKENのファンだったこと、そしてバンプのメンバーも『3月のライオン』を熟読する読者だったことからプロジェクトが立ち上がった。

 プロジェクト名は「3月のライオン meets BUMP OF CHICKEN」。互いの作品へのリスペクトを余すことなく表現するために「連載中のマンガ作品にテーマソングを書き下ろす」という前代未聞の形で、それぞれが作り出せる最上級のクリエイティブを生み出すべく、羽海野さんとBUMP OF CHICKENは現在進行形で制作に取り組んでいる。

 また、発売形態もこれまでにない形式を採用する。白泉社が刊行する『3月のライオン』10巻特装版に、BUMP OF CHICKENがこの企画のために書き下ろした新曲「ファイター」のCDが付属。

 そして、トイズファクトリーが配信限定シングルとして発売するBUMP OF CHICKEN「ファイター」に、羽海野さんがこの企画のために描き下ろした『3月のライオン』スピンオフが電子書籍で読めるシリアルコードが付属させる。

 果たしてどのようなストーリーが、楽曲が紡がれるのか。今回のコラボに際してそれぞれコメントが届いている。

 ■羽海野チカさん

 まんが家は 物語を紙にのせて
 音楽家は 物語を歌にのせる
 遠い所で、同じように旅をしている人たちがいるのだと
 BUMP さんの歌を聴くたびに感じていました
 今回このような機会をいただけたこと
 本当に光栄でとても幸せです
 精一杯、物語を描かせていただきます。

 ■BUMP OF CHICKEN

 3 月のライオンをメンバー一同いつも楽しく読ませて頂いています。
 たくさんの魅力的なキャラクター達の生き様に、大きな感動をいっぱいもらっています。
 今回このような話を頂きとても光栄に思います。
 全力で取り組ませて頂きます。
 一度でいいから川本家の食卓にお邪魔してみたいです。

この記事の写真
【写真】BUMP OF CHICKENと「3月のライオン」がコラボ(2014年9月26日)

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)