【写真】ようかい体操のお兄さん高野洸が始球式に登板(2014年9月18日)

始球式で投球するDream5の高野洸

 子供の間で人気を集めているアニメ『妖怪ウォッチ』。そのエンディングテーマ「ようかい体操第一」は10代の若い世代へも飛び火し一大ブームとなっている。その楽曲を歌う音楽グループのDream5が去る14日、埼玉・西武ドームで行われたイベント『Dream5と踊ろう!ようかい体操デー』に出演した。

 このうちメンバー唯一の男性である高野洸は、西武―楽天戦の試合前の始球式に登場。ユニット名にある「5」の数字を背番号にした西武のユニフォームで登場し、会場を沸かせた。

 高野は投球後「始球式は子どものころからの夢だったので本当に嬉しかったです。マウンドに上がった時は頭が真っ白になったのですが、ボールがキャッチャーミットに届いて良かったです。貴重な体験が出来ました。ライオンズの皆さんには頑張ってもらいたいです」と爽やかにコメントした。

 試合終了後にはフィールド内特設ステージに来場客の1万3000人が球場に降り立ち、Dream5と「妖怪ウォッチ」の人気キャラクターであるジバニャン、コマさんと『ようかい体操第一・ダンダンドゥビズバ―』を一緒に歌って踊り、大盛況を見せた。

 今回のこのイベント終了後、ネット上ではDream5の高野洸のまとめサイトが各所で立ち上がり、話題を集めた。読者のコメントを見ても「高野洸くん。可愛すぎる。鳥肌もの」「こんな高校2年生いる!?イケメン過ぎ」「まじイケメン。ふひょひょひょ かっこいい」と、可愛いと格好良いの両極端を持つ甘いフェイスを絶賛している。

 勢いが日に日に増して、社会現象ともなっている大人気アニメ『妖怪ウォッチ』、そしてDream5のイケメン。ようかい体操のお兄さん「高野洸」の甘いマスクは子供だけでなく、大人をも魅了している。

記事タグ