【写真】忌野清志郎さん、ライブ映画来年2月公開へ(2014年9月14日)

忌野清志郎さん。ライブ映像をまとめた映画が来年2月に公開される

 2009年5月2日に亡くなった忌野清志郎さん(享年58歳)のライブ映像をまとめた映画『忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー The FILM ~#1(ナンバーワン)入門編~』が来年2月から公開される。

 2008年2月10日に日本武道館で『忌野清志郎 完全復活祭』を開催。武道館開館以来最高となる1万3000人超を動員した。今回の映画は1980年代から2008年の『完全復活祭』にかけて行われたライブ映像で構成される。

 ファンのみならずとも、まさに「入門編」にふさわしい、忌野さんの全軌跡を“体感”できる映像作品となっている。馴染が深い大ヒットナンバーが大スクリーンで甦り、さらに貴重な秘蔵映像が初スクリーン上映を果たす。

 写真・映像作家の井出情児氏が、1カメで収めた貴重なライブ映像より「スローバラード」(『札幌市民会館最後の日』LIVE 2007)、1989年『Family Stone Tour』から「エンジェル」、FUJI ROCK FESTIVALの歴史の中でWHITE STAGE観客動員記録を塗りかえた、2005年の伝説的なステージよりMCから丸々「Baby何もかも」を収録。

 また、2008年に開催された『忌野清志郎 完全復活祭』からの楽曲には新たな編集が加わり、「毎日がブランニューデイ」には本人直筆の字幕歌詞が大スクリーンに映し出される。

 この「忌野清志郎」完全復活プロジェクトは、毎年忌野清志郎を復活させるべく、来年の「#1」公開以降にも「#2」「#3」の公開が予定されており、どこまでも走り続けるバンドマン忌野さんが全国のスクリーンに現れることとなる。

この記事の写真
【写真】忌野清志郎さん、ライブ映画来年2月公開へ(2014年9月14日)

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)