【写真】ASKA被告の判決にChageがコメント( 2014年9月12日)

ASKA被告の判決にコメントを綴るChageの公式サイト

 覚せい剤使用の罪などに問われたASKA(本名・宮崎重明=56)被告に対し、東京地方裁判所は懲役3年・執行猶予4年の有罪判決を言い渡した。各紙が12日報じた。これを受け、CHAGE and ASKAのChage(56)は同日、以下の内容でコメントを発表した。

 「あの日、僕はASKAに『自分を大切にして欲しい』という言葉をおくりました。僕が知る宮崎重明という一人の男として、きちんと罪を償い、心身の健康を回復し、本当の自分を取り戻す努力をして欲しい。その日が来ることを心から願っております」。

 各紙の報道によれば、判決を言い渡した植村裁判官は、ASKA被告に対して「傲慢な考え方が見受けられます。今後は薬物からの脱却はもちろん、社会の中で生きていくうえで大切なものは何なのか、一から考えて欲しい」と論じたという。

記事タグ