SHOGOが175R復活の可能性を示唆(2014年9月4日)

活動休止中の175R。写真は2009年10月にシングル「リフレイン~青春馬鹿野郎~」発売時に提供されたアーティスト写真

 シンガーのSHOGO(34)が3日放送の日本テレビ系『ナカイの窓』(毎週水曜23時59分)に出演。活動休止中のロックバンド「175R」の復活の可能性について言及した。

 175Rは「ハッピーライフ」や「空に唄えば」などの大ヒット曲で知られる。メジャーデビューした2003年にNHK紅白歌合戦に出場。その後もヒット曲を重ねるも、2010年に無期限の活動休止を発表、現在も休止中である。

 この日の放送でボーカルのSHOGOは、活動休止を選んだ理由について「何年間ストップしますという保証ができない。もう一度やろうと思い立っときに(再開させたい)」と語るとともに、解散ではないことを強調。更に休止のきっかけは自身の英国ロンドンへの移住だと述べ「ロンドンでもう一回自分を見つめ直したかった」と当時の心境を明かした。

 また、休止後のメンバーの活動状況に話題がおよぶと、メンバーと交流があるというNON STYLEの井上裕介が「すごい楽しそうにしています」と代弁。バックバンドとして様々なアーティストの活動に参加していることを紹介。

 司会の中居正広(SMAP)から「早く皆で(バンドを)やれば?」と打診されると、SHOGOは「久しぶりにやりたいなという(気持ちはあります)」と活動再開に前向きであることを明かした。

 同番組は今回「ミュージシャンSP」と題して、中居、陣内智則を司会に、相川七瀬、木根尚登(TM NETWORK)、SHOGO、「Day of the legend」ことNON STYLE井上、DJ KOO(TRF)が出演。音楽制作の裏話やデビュー秘話などのトークを展開した。

この記事の写真
SHOGOが175R復活を示唆(2014年9月4日)
SHOGOが175R復活の可能性を示唆(2014年9月4日)

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)