「妖怪ウォッチ」攻略本が54万部突破(2014年9月4日)

歴代最速の売上50万部突破した「妖怪ウォッチ」攻略本「妖怪ウォッチ2元祖/本家オフィシャル攻略ガイド」(小学館)

 「ゲラゲラポー」や「ようかい体操第一」など音楽でも注目を集めている『妖怪ウォッチ』が書籍でも驚異の売り上げを記録したことは既報の通り。その書籍に関して続報が入ってきた。『妖怪ウォッチ』のゲーム第2弾攻略本『妖怪ウォッチ2元祖/本家オフィシャル攻略ガイド』(8月22日発売/小学館)が1週間で16万7000部を売り上げ、9月8日付オリコン週間“本”ランキング(集計期間=8月25日~31日)の首位を獲得した。

 関連写真「ようかい第一」を歌うDream5

 先週9月1日付に続き2週連続で首位を獲得した同書は、登場2週目で累積売上54万2000部を記録。2008年の同ランキング発表開始以来、ゲーム攻略本としては、2012年12月発売の『とびだせどうぶつの森かんぺきガイドブック』(エンターブレイン)が達成した登場11週目(2013年3月11日付)を大きく超えるスピードでの50万部突破となった。

 また、ゲーム第1弾の攻略本『妖怪ウォッチオフィシャル攻略ガイド』(小学館)の累積売上部数は今週付で59万6000部となり、同ゲームの攻略本は2作あわせて100万部の大台超えを果たしている。ゲーム第2弾のヒットによって、一層過熱する『妖怪ウォッチ』フィーバーはとどまる気配を見せず、今後もさらに部数を積み上げていきそうだ。

 ちなみにコミック部門では、40年ぶりの新刊ということで往年のファンを喜ばせた、池田理代子の『ベルサイユのばら11』(8月25日発売/集英社)が週間売上5万9000部で15位にランクイン。文庫部門では東野圭吾の『マスカレード・イブ』(集英社)が週間売上13万2000部(累積売上29万1000部)で2週連続首位となった。

この記事の写真
「妖怪ウォッチ」攻略本が54万部突破(2014年9月4日)

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)