X JAPANが4年ぶりに行う国内単独2公演のチケットが30日に一般発売され、わずか数秒で完売したことが分かった。4つのチケット販売サイトで発売されたがいずれも「予約枚数量終了」と、受付を締め切っている。一部では「1秒で完売した」と伝えているメディアもある。

 また、これを受けてリーダーのYOSHIKIは31日朝、ツイッターで「自分の身内の分も確保できなかった」と驚きのコメントを寄せた。

 同公演は、10月11日のマディソン・スクエア・ガーデン公演(米・ニューヨーク)=アリーナ席は1時間以内で完売=の前哨戦として、9月30日と10月1日に横浜アリーナで行うもの。

 国内での単独公演は、日産スタジアムで2DAYS行われた2010年以来4年ぶり、同会場での公演は1991年の『Violence In Jealousy Tour 1991 〜夢の中にだけ生きて〜』以来23年ぶり。

 横浜アリーナ公演は当初9月30日のみの開催であった。しかし、特別先行受付専用サイトで予約を行ったところ数分で予定枠を完売したことから、急きょ10月1日公演を設置、2DAYS公演として行うことが発表されていた。

 5万5000席を有する東京ドームで18度も満員にしたX JAPAN。1万人規模の会場で行うのは極めて異例で、今回の“即完”をみてもまさにプレミアムチケットとなった。

記事タグ